2009年04月17日

森山大道『もうひとつの国へ』

昨年発売された、写真家・森山大道氏によるエッセイ集。
ここのところ毎日、少しずつ楽しみに読み進めていました。
どちらかと言うと、写真より森山氏の文章が好きだったり。

本書は、80年代半ばから ごく最近書かれたエッセイまでを
集め、比較的マイナーなカルチャー誌のコラムが多いので
初めて読む内容でした。その内容は、ご本人のあとがきに
よれば「写真に関すること以外のもの」とあります。

が、実際は森山氏の日常を綴っている為 結局写真から
離れることはないわけで、それがまた面白い。
若くてまだ仕事がない時にどんな日々を過ごしていたか、
そして今も 日々考えることとは・・。70代を迎え、
すでに高名な写真家となっても、自分を「ナマコ男」
「野良犬のよう」と呼ぶ変わらないスタンス。


難しい写真論の本ではなく、撮影で訪れた場所の印象や
出来事を綴っていたりするので、旅の様子も興味深いもの。
森山氏といえば、新宿や池袋の今昔。また最近では、
ハワイやブエノスアイレスへ。写真家の視点と仕事。

以前から森山氏の文章を読んでいましたが、本書を読んで
新たに知ったのは 森山氏がかつてどんな本を読んできたか
という事。こうした魅力ある文章を書く人は、やはり
読書家でありました。およそ50点のモノクロ写真も収録。

402330395Xもうひとつの国へ
森山 大道
朝日新聞出版 2008-09-05

by G-Tools



こちらは自伝的な写真論。まずはこちら。
4309474144犬の記憶 (河出文庫)
森山 大道
河出書房新社 2001-05

by G-Tools

posted by sumibooks at 00:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

『京都もみじ帖』と『京都さくら帖』

さくらが咲き始め、春の訪れに心も軽くなるこのごろ。
季節はずれではありますが、本当に素敵な紅葉の本を
見つけたのでご紹介します。

『京都もみじ帖』は、京都の出版社 光村推古書院から昨年
秋に出版されたもので、act booksという京都本のシリーズ。
本を開くと、目に入るのは鮮やかな紅葉の色の洪水!
一番美しい時期に、一番美しい場所を探したのではと思われる
京都のお寺や神社の紅葉の名所がたっぷり。

ミニ写真集として楽しめますが、旅のガイドとしても優秀。
各寺社の歴史や特徴を解説しているほか、地域ごとの地図や
アクセス方法も掲載。A5変形判なので、持ち歩きもできます。

さらに嬉しいのは、巻末には京都の「眺めのいいカフェ」や
「建物を楽しむカフェ」「京みやげ」などのガイドも掲載。
女性向けの可愛らしいつくりなので、堅苦しさはないものの
撮影はベテランのカメラマンさんなので、さすがの写真。

風景の中に、人が全く写っていないので ベストシーズンに
すごいなぁと感心してしまいます。そして紅葉の色の数々や
庭園の美しさにため息。まだチェックしていませんが、同じ
著者の『京都さくら帖』も出たばかりで、気になっています。

4838103980京都もみじ帖 (act books)
橋本健次
光村推古書院 2008-10-15

by G-Tools


4838104057京都さくら帖 (act books)
橋本 健次
光村推古書院 2009-03

by G-Tools
posted by sumibooks at 21:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

『書斎の達人』に学ぶ

2009年が始まり、いつのまにか2月になりましたが
本年も「旅する本棚。」をよろしくお願いいたします。

さて、本が好きな人にとって 書斎を持つということは
ひとつの夢であると思います。雑誌『男の隠れ家』で連載
されていた 著名人の書斎訪問の記事がまとまった一冊を
今日はご紹介します。

『書斎の達人』と題し、24人のインタビューと取材写真を
掲載。その24人は、職種も年齢も様々で面白い人選でした。
クリエイティブディレクターの佐藤可士和さん、ソムリエの
田崎真也さん、演出家の蜷川幸雄さんに始まり、樋口裕一さん
や東海林さだおさん、みうらじゅんさん等。

お一人あたり、4-6ページ使って 長いインタビューを行って
いるのですが その内容がまた興味深いものでした。
書斎のこだわりについて語っている方もいれば、発展して
仕事に対するこだわり、そして人生論にまで及ぶことも多く
なるほどと感心することも。

個人的に面白かったのは、俳優・三國連太郎さんの映画論、
小説家・島田雅彦さんの書斎論、絵本作家・五味太郎さんの
仕事の仕方など。書斎の本というより、インタビュー集として
も読み応えのある一冊だと思います。男性ばかりなのが
残念ですが、それは男性向けの雑誌の連載だからでしょう。

4309018483書斎の達人
宇田川 悟
河出書房新社 2008-01

by G-Tools


では、自分の書斎をどうしようかという方に もう一冊。
リンボウ先生こと林望さんの書斎論。書斎の概念から
書斎に必要な条件、道具など細かに軽やかに語っています。
日当りと照明のお話や、デスクの置く場所など 著者の
体験から得た知恵の数々。私も自室の参考にしています。

4334782043リンボウ先生の書斎のある暮らし―知のための空間・時間・道具 (知恵の森文庫)
林 望
光文社 2003-02

by G-Tools

posted by sumibooks at 19:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

本好きのための雑誌 年末の3誌!

寒くなる一方で、読書熱は高まり 私の部屋にはまた
本や雑誌の山ができています。ゆっくり本を開けるのは、
お正月になってしまいそうですが・・。

さて、今月は本好きなら気になる特集の雑誌がいくつか。
書店で迷わず購入したのは、『Esquire』2009年2月号。
特集は「見せたい本棚の作り方。」

あの人の本棚解剖と題して、著名人の私的な本棚を多数取材。
並べ方・飾り方・蔵書の内容など 人それぞれのこだわりの
世界を見せています。また、柳宗悦・瀧口修造など8人の
偉人の本棚は圧巻!写真に見入ってしまいました。

そのほか、ディスプレイの方法や書店の本棚、絶対に
はずせないキーブックのカタログまで充実の内容。
表紙の金城武さんの1万字インタビューも楽しめました。
B001N3KIVYEsquire (エスクァイア) 日本版 2009年 02月号 [雑誌]
エスクァイア マガジン ジャパン 2008-12-22

by G-Tools


2冊目は、『BRUTUS』2009年1/15号。
特集は、2009年「生き方」を考える250冊。
巻頭の「男が惚れる男、女が憧れる女 11」は誰しも
気になる人が見つかるのではないでしょうか。
B001MTYE78BRUTUS (ブルータス) 2009年 1/15号 [雑誌]
マガジンハウス 2008-12-15

by G-Tools


そして3冊目は、『Invitation』2009年2月号。
特集は「極上の本 極上のコーヒー」という組み合わせ。
COFFEE&BOOKS ベストマッチな150冊を紹介。
リニューアルしてから、わりと気に入っていた雑誌ですが
残念ながら、来月発売の号で廃刊になってしまいます。
Invitation (インビテーション) 2009年 02月号 [雑誌]
Invitation (インビテーション) 2009年 02月号 [雑誌]
ぴあ 2008-12-22
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

年末年始、本の整理をしながら 新年の読書計画は
いかがですか?不況の今こそ、本を読みましょう!
-Merry X'mas & Happy New Year 2009- sumibooks

posted by sumibooks at 00:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

旅で使える『歩く台北』

先週、4泊5日で台湾に行ってきました。
台北に行くのは3度目で、だいたいどんな街かは
分かっているのですが、今回一番の目的は食べ歩き!
そのため下調べと地図が必要でした。

いくつかガイドブックなど読んでいたものの
台湾旅行リピーターに評判が良いのは『歩く台北』という
地図ガイドらしい・・と出発前に慌てて購入。
気になるお店にチェックを入れて、台北に飛びました。

そして現地では、常に『歩く台北』を持ち歩き、チェック。
地域ごとにお店の名前の載った地図が詳しく、とても
探しやすいのです。B5サイズですが、薄くてかさばらない
ので持ち運びにも便利。もちろん観光にも使えます。

この「歩く」シリーズを買ったのは、今回が初めてでしたが
台北編はとても使えると私も思います。もしまた台北に
行くことがあったら、このボロボロになった本を持って行く
つもり。自分の気に入ったお店をさらに書き込んで、
バージョンアップさせていきたいと思っています。

写真が多くてきれいなガイドブックが増えている中で、
街歩きに実用的な地図ガイド本も、行き先によっては
かなり使えますね。これから集めてしまうかも・・?
(毎年、改訂版が出るので最新版をご確認ください。)
4876416451歩く台北 (歩シリーズ)
下川裕治
メディアポルタ 2008-08-12

by G-Tools


posted by sumibooks at 00:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -アジア- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

『手わざが光るモロッコ暮らし』

書店で旅のコーナーを見ていると、つい手にとってしまうのが
モロッコの本。最近は、女性向けのかわいらしいモロッコ本も
増えてきました。


昨年発売された、世界の「あたり前の家」シリーズ第2巻は
『手わざが光るモロッコ暮らし』。著者にむらじゅんこさんが
モロッコ各地の住宅を16軒訪れ、沢山の写真とともに
モロッコ建築・インテリア・雑貨・生活を紹介しています。
そのヴォリュームは、213ページ!A5変形の分厚い本。

写真のページが多いので、パラパラと写真集のように楽しむ
のも良し、じっくりと文章を読むのもまた良し。それぞれの
家ごとに、住まいの工夫や、家族構成・広さ・間取りまで
出ているので とても親切。レイアウトやちょっとした挿絵も
カラフルで楽しくなります。

紹介されている住まいは、モロッコ人だけでなく 移住した
フランス人も多く ヨーロッパスタイルもミックスしたり
伝統的なモロッコスタイルもあり、様々。土の家から、豪華な
リヤドまで・・。部屋の片隅のちょっとした雑貨や、色使いは
何度見てもハッとさせられ うっとり。

モロッコ建築についての解説なども多く、勉強になります。
旅行ガイドではないので、旅には実用的ではありませんが
イメージが膨らみ、きっとモロッコに行ってみたくなるはず。
今後も楽しみな世界の「あたり前の家」シリーズです。

476780647X手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2)
にむら じゅんこ
エクスナレッジ 2007-10

by G-Tools



こちらも、かわいらしいモロッコ雑貨の本。
著者は、同じく にむらじゅんこさんでした。
4894446685かわいいモロッコ―雑貨と暮らし
にむら じゅんこ
ピエ・ブックス 2008-06

by G-Tools

posted by sumibooks at 14:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -アフリカ- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

『70円で飛行機に乗る方法』・・とは?

宝島社新書で、気になるタイトルを見つけ 手に取りました。
著者は、最近何かと話題のクリエイター 高城剛氏。副題に
「マイルを使わずとも超格安で旅行はできる」とあり、すぐに
LCCのことだなとピンときました。

「70円で・・」というのは、いささか大げさな表現です。
実際には空港税や燃油サーチャージがかかりますし、日本では
それほど格安の航空券は 今のところ見つかりません。でも、
本書は 航空券の買い方マニュアルではありませんでした。


LCCとは「ローコストキャリア」のことで、ここ10年ほどで
生まれた 低コスト戦略の新興エアライン。ITの普及により
ウェブ上で低価格の航空券を販売し、欧米やアジア各国で成功
を収めています。そうした世界の航空業界の現状を紹介して
いる第一章。LCCのメリット・デメリットが分かりやすい。

変わって第二章では、航空業界のエコと最新技術について触れ
地球と空の未来にも目を向けています。初めて知るデータも
多く興味深い内容でした。

そして、本書の核となっているのが 第三章「問題だらけ!?
日本の航空事情」。大手航空会社の市場独占や、成田と羽田の
空港の関係、地方空港の問題など。世界のハブ空港を比較に
出すことで日本の空の現状を浮き彫りにしています。
ロンドンをベースに 世界を飛び回る著者だからこそ、日本の
航空業界の閉鎖性や世界との隔たりを リアルに語ります。


最後に、第四章は 著者から旅人へのメッセージ。現代若者の
海外旅行離れというニュースを私も最近知りましたが、世界の
空の現状を知ることで 旅の選択肢が広がるかもしれません。
著者によれば、2010年には航空業界はさらに大きく変化する
とのこと。今読むからこそ、面白い内容だと思います。
気軽に飛行機に乗って旅に出たい・・そう思える一冊でした。
479666361470円で飛行機に乗る方法 マイルを使わずとも超格安で旅行はできる [宝島社新書] (宝島社新書 274)
高城 剛
宝島社 2008-06-07

by G-Tools

posted by sumibooks at 01:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -世界- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

出発以前の海外旅行の「クスリ箱」

お久しぶりです。先月は、6年ぶりにバリ島に行って
きたところです。ホテルでのんびり過ごす旅だったので
読書もしましたし、帰国してからも梅雨時は本を読むことが
多くなりました。紹介したい本が溜まっていますが・・


今年の春に出た講談社文庫の中で、気になる本がありました。
海外での医療活動に多く携わってこられたお医者さんが、
海外旅行をする日本人に向けて 旅行中にかかる病気について
分かりやすくまとめた本です。

もともとJAL系月刊誌『Agora』に連載されていたものなので、
エッセイ集のように読みやすく、著者の海外での様々な体験談
が盛り込まれているので 読み物としても面白いものです。

一般的な観光地を訪れる場合、恐ろしいのはテロや強盗よりも
感染症などの病気だと私は思います。予防接種の必要がない
地域でも、蚊やダニによる感染や食中毒など多くの危険性が
あり、慣れない環境での熱中症や風邪も 注意が必要です。


本書では、まずどんな原因で何の病気にかかるか、その症状と
現地での予防・治療について、また食事についての注意点。
さらに「文化の違いは医療の違い」と題して、地域・国別の
医療事情にも簡単に触れています。そして最後には、もしも
病気になったら・・という対処法まで。

予防法を知っていれば防げる病気も多いですし、万が一
旅先で具合が悪くなるようなことがあっても、最低限の知識が
あれば慌てることはありません。また症状によって、一刻も
早く病院に行かなければ危ない病気や、潜伏期間が長いために
帰国後に発症するものもあります。


私自身、今まで旅先で具合が悪くなることも度々ありましたが
こうした本を何冊か読んでいたので 原因は何か、熱はないか
など冷静に判断し 病院のお世話になるほどのことは今まで
ありませんでした。また、常備薬の準備も毎回怠りません。

素人判断はおすすめできませんが、予備知識も無く何も
知らずに海外に出ることのほうが 余程怖いことです。
旅行に保険をかけるのと同じように、旅先で自分の体を
守る為に 本書を読むことをおすすめします。良い旅を!

4062811898出発以前の海外旅行の「クスリ箱」 (講談社+アルファ文庫 B 65-1)
大利 昌久
講談社 2008-03-19

by G-Tools


posted by sumibooks at 19:47| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅の本 -世界- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

『CREA Traveller』モロッコという迷宮へ

北アフリカのモロッコという国は、私にはとても思い入れの
ある国です。イスラムの文化・人々・食事・音楽・・そして
サハラ砂漠。一度訪れると、その不思議な魅力に取り憑かれた
かのように またその空気を吸いたいと思わせるそんな場所。

『CREA Traveller』2008年4月号は、完全保存版100Pの特集
モロッコという迷宮へ。マラケシュの買い物と美食、リヤドと
呼ばれる邸宅ホテルの最新情報。港町エッサウィラとサハラ
も取材。ホテルやレストランの写真が大きいので、風景や
インテリアを眺めるのもうっとりな一冊です。

驚いたのは、私が2004年に滞在した砂漠のホテルが
高級リゾートに生まれ変わって紹介されていること!
工事中だったプールやスパまで完成し 宿泊代もずいぶん
値上げしたようです。
参考までに、私のホテル滞在記はこちら。

今号を読んだ印象では、ヨーロッパのお金持ちも訪れる
モロッコでは急速に高級ホテル・リゾートが増えている様子。
もしいつかまた訪れることができるなら、そんなゴージャスな
旅の誘惑に勝てそうにありません。

付け加えておくなら、本誌のマラケシュの地図を見て 目的の
お店に向かうのはきっと難しいことだと思います。なぜなら
モロッコの旧市街は、本物の迷宮なのですから・・・。

B0014BLKLCCREA TRAVELLER (クレア トラベラー) 2008年 04月号 [雑誌]
文藝春秋 2008-03-01

by G-Tools

posted by sumibooks at 15:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

CREA Traveller 2008年2月号は、SPA!

すっかりご無沙汰していましたが、寒くなってから日々
読書にはまっています。この時期、お掃除や風水の本を読んで
やる気を出したり、本からヒントを得て来年の目標を考えたり
しているところです。

久しぶりに購入した旅の雑誌、CREA Traveller最新号は、世界
のSPA特集。表紙に世界一周と書かれているように、日本では
まだあまり知られていない 世界のSPA&Resortがいっぱいで
写真を見ているだけでも すごい!行きたい!と楽しめる一冊。
気になったのは、スリランカ・エジプト・タイのエキゾチック
な雰囲気あふれるSPA。いつか・・と夢見てしまいます。

そして、第2特集も見逃せない インドのリゾート。
どこも本物の宮殿のような優雅なホテルで、驚くばかり。
こちらもなかなか訪れるのは難しいのですが、インテリアや
雑貨なら真似できるかも・・とじっくり眺めています。
おまけに次号は、モロッコ特集なので それもまた楽しみ。

CREA Traveller ならではの濃い特集に、今回は大満足。
SPA好きだけでなく、インテリア・雑貨好きにもおすすめ。
年末年始「来年はどこへ行こう」とじっくり考えてみては・・?
B00117DNNCCREA TRAVELLER (クレア トラベラー) 2008年 02月号 [雑誌]
文藝春秋 2007-12-27

by G-Tools


最後に、なかなか更新できず申し訳ないのですが 来年も
マイペースで続けて行きますので、よろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。  sumibooks

posted by sumibooks at 19:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。