2010年11月19日

入江泰吉『私の大和路 秋冬紀行』

平城京遷都1300年祭の今年、思いがけず夏と秋の二度も
奈良を旅する機会がありました。今月上旬に訪れた際には
紅葉の長谷寺や信貴山、そして唐招提寺や薬師寺などをめぐり
また一層 古都・奈良が好きになりました。


そして、春日大社に参拝した後、奈良市写真美術館で
「入江泰吉 傑作選」写真展を鑑賞。明治38年奈良生まれの
故・入江泰吉氏は、戦後 奈良大和路の風景や仏像を半世紀に
わたり撮り続けた写真家です。

入江氏の名前を知らなくても、その作品の数々は奈良大和路や
仏像の書籍・パンフレット・ポスターなど 様々なところで
日本人なら一度は目にしているのではと思います。
写真展の感想は、また旅のブログに書きますが ここでは
旅の後に購入した本をご紹介します。


4094114823入江泰吉 私の大和路―秋冬紀行 (小学館文庫)
入江 泰吉
小学館 2002-10

by G-Tools


入江氏の写真集は数ありますが、入門編として文庫化された
エッセイ集が2冊出ています。
購入したのは『私の大和路 秋冬紀行』。
カラー・モノクロ合わせて76点の写真作品と、それに沿った
入江氏本人の紀行エッセイを収録。エッセイは、これまでの
写真集などから抜粋し読みやすく並べたもの。

写真家の文体というものは、その人の写真作品と通じていると
いつも思うのですが 入江氏のエッセイは、大和路に対する
穏やかで温かな眼差しを感じるもの。撮影の動機や、苦労話も
あれば 風景や仏から学んだことなど心が洗われるようです。

同じ場所に何度も通い詰めて撮影されている為、通りがかりの
観光客では気づかないような 自然の変化や仏の表情に
じっくりと向き合っていらしたことが 文章からも十分に
伝わってきました。そして作品を見ると 感動が深まります。
カメラや写真の技術的な難しい話ではないので、仏像好きや
奈良の旅好きの方にもおすすめ。


紙質が厚く、カラー写真が多いだけでも充実しているのですが
本書はそれだけでなく 登場した寺院のガイド・地図・年譜も
収録。巻末には入江氏直筆の撮影ノートも紹介されています。

まだ秋冬紀行しか手元にありませんが、『春夏紀行』もあり。
こちらには入江氏と親交のあった白洲正子さんの文章も。

入江泰吉 私の大和路―春夏紀行 (小学館文庫)
入江泰吉 私の大和路―春夏紀行 (小学館文庫)入江 泰吉

小学館 2002-04
売り上げランキング : 194772


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




仏像つながりで・・・『見仏記』シリーズ。
思わず笑ってしまう 仏像ワンダーランド、凄いです。
みうらじゅん&いとうせいこう氏の珍道中は、面白すぎ。

4041846021見仏記 (角川文庫)
いとう せいこう みうら じゅん
角川書店 1997-06

by G-Tools
posted by sumibooks at 19:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

『京都もみじ帖』と『京都さくら帖』

さくらが咲き始め、春の訪れに心も軽くなるこのごろ。
季節はずれではありますが、本当に素敵な紅葉の本を
見つけたのでご紹介します。

『京都もみじ帖』は、京都の出版社 光村推古書院から昨年
秋に出版されたもので、act booksという京都本のシリーズ。
本を開くと、目に入るのは鮮やかな紅葉の色の洪水!
一番美しい時期に、一番美しい場所を探したのではと思われる
京都のお寺や神社の紅葉の名所がたっぷり。

ミニ写真集として楽しめますが、旅のガイドとしても優秀。
各寺社の歴史や特徴を解説しているほか、地域ごとの地図や
アクセス方法も掲載。A5変形判なので、持ち歩きもできます。

さらに嬉しいのは、巻末には京都の「眺めのいいカフェ」や
「建物を楽しむカフェ」「京みやげ」などのガイドも掲載。
女性向けの可愛らしいつくりなので、堅苦しさはないものの
撮影はベテランのカメラマンさんなので、さすがの写真。

風景の中に、人が全く写っていないので ベストシーズンに
すごいなぁと感心してしまいます。そして紅葉の色の数々や
庭園の美しさにため息。まだチェックしていませんが、同じ
著者の『京都さくら帖』も出たばかりで、気になっています。

4838103980京都もみじ帖 (act books)
橋本健次
光村推古書院 2008-10-15

by G-Tools


4838104057京都さくら帖 (act books)
橋本 健次
光村推古書院 2009-03

by G-Tools
posted by sumibooks at 21:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

池澤夏樹『神々の食』

カラフルな食材の写真を散りばめた表紙を 書店で見て
パッと手に取りました。旅する作家、池澤夏樹さんの
エッセイが文庫化された新刊。もともとは、南西航空
(現・日本トランスオーシャン航空)の機内誌として
連載されていたものだそう。

池澤さんといえば、かつてギリシアに移り住んでいたり
今ではフランスに移住されていますが、本書の執筆中は
沖縄に約十年も住まわれ、島から島へと渡りながら 
美味しい物を食べまくり、沖縄の食文化を探求。沖縄料理
のレシピや有名店を紹介するのではなく、沖縄ならではの
「食材」をテーマにした考察。


泡盛・グルクン・黒糖・塩・ゴーヤー・沖縄そば・・。35の
食材を作り出す人々やその製造方法、どのように食べるか
など食材の背景にせまり、鮮やかな写真と共にまとめて
います。その中には「ヤギ鍋」や「ソテツ味噌」などあまり
知られていないものも。沖縄の食文化の豊かさに驚かされる
だけでなく、食材というモノ造りに徹している職人の方々の
取材がとても印象的。まるで神々に仕えているような・・・。

沖縄には今まで4度訪れましたが、なかなかゆっくり滞在
できることもなく、こうして本を読むことでも沖縄の文化
に触れられることは嬉しいことです。来年あたり、また
八重山諸島を訪れたいと思うのですが・・・はたして?
4167561077神々の食
池澤 夏樹
文藝春秋 2006-06

by G-Tools

posted by sumibooks at 20:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

『入門 おとなの京都ドリル』全360問

昨年あたりから、京都関連の本があちこちで目に付くように
なり、京都ブームだなぁと思っていたら こんな楽しい
本も出ていました。「京都・観光文化検定試験」が2004年に
始められたという背景もあり、もっと深く京都を知ろうと
いう主旨のようです。

B5版95ページの冊子は、学校のドリルを懐かしく思い出すの
ですが、カラーページや図表・写真も多く 見ても楽しめる
一冊。巻頭に「京都ツウ度判定」という腕試しがあり、その後は
歴史・美術・しきたりなど16ジャンルを設け、簡単な問題から
難易度の高いものまで網羅しています。各ジャンルごとに
出題者が異なり、その道のエキスパートが解答解説するという
のもユニーク。問題は全て、4択式になっています。

京都に何度も旅している京都ツウでも、住んでいる人にしか
分からない場所の呼び方や、京料理・京菓子のこと、京ことば
など、学校の教科書には載っていない内容も。ゲーム感覚で
なるほどぉ〜と楽しみながら進めることができます。これで
海外で京都のことを質問されても怖くない・・?

地球の歩き方特別編集のこのドリル、ずいぶんとシリーズ化
されているようで「江戸東京」「沖縄」「鉄道旅」「横浜」編
も出ていて、今月は「世界遺産」編も登場しているようです。
観光地が混雑するGWは、おうちでドリルも良いかもしれません。
はたしてドリルの結果は・・ヒミツです。
4478079994入門 おとなの京都ドリル
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社 2005-09-16

by G-Tools

447807996X入門 おとなの江戸東京ドリル
地球の歩き方編集室
ダイヤモンドビッグ社 2006-01

by G-Tools
posted by sumibooks at 13:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

田口ランディ『水の巡礼』

2003年に刊行された単行本『聖地巡礼』を改題し、加筆した
文庫が角川書店から発売されました。まず、『水の巡礼』と
いうタイトルが良いな・・と気になり手に取りました。全国
10か所の聖地を巡るエッセイ集。カラー写真も沢山収録されて
います。

奈良県の天河弁財天・東京 渋谷川の水源・屋久島・富士山
知床・広島・青森の恐山・熊本・鹿島神宮・そして出雲大社。
神社や自然の神が祀られた場所は、どこかで水と密接な関係
にある。水源をたどると神社があったり、神社が水の中に
あったり・・・。

ランディさんの旅のエッセイは、大げさに感動することも
分かったふりをすることも、格好つけることもないように
感じるので、私は好感を持ちます。分からないことは、
きちんと「分からない」と書く。感じたことをただ素直に。
そして人との出会いを通して、思考を深め また疑問を持つ。

とりわけ印象的だったのは、鹿島神宮や出雲大社で一番の
パワースポットが 有名なお社ではなく その背後にある岩や
山だったりするということ。知らなければ参拝客は通りすぎて
しまうようなところに、地元の人は昔から通っていたりする。
これから訪れたいと思っている場所について、少し認識が
変わったような、読み応えのある一冊でした。
4043753039水の巡礼
田口 ランディ
角川書店 2006-02

by G-Tools
 
posted by sumibooks at 13:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

情報誌『沖縄・離島情報』

ちょっと珍しいガイドブックをご紹介します。昨年秋に
沖縄の離島(石垣島・竹富島)を訪れたのですが、その時
に持っていったガイドブックが 『沖縄・離島情報』の平成
17年夏号。持ち歩きやすいA5サイズ、250ページ超の
情報量でわずか480円というお得さです。

ごく一般的なガイドブックと何が違うかというと、毎年2回
春と夏に最新号が出るので情報が新しいこと、そして沖縄
本島よりも離島に重点を置いていることが挙げられます。
また、カラー写真は少なめですが、地図が細かく、ローカル
バスや船の時刻表がしっかりと載っていたり、マリンスポーツ
やレンタカーのショップ情報も多く 移動時に便利。食事処や
民宿も、かなりの数が載っているので 個人旅行者には
ぴったりと言えるのではないでしょうか。もちろん観光
スポットの紹介もおさえてあります。

石垣島などを拠点に、ツアーではなく自分で移動し、色々な島に
行ってみたいという方、離島でさまざまなレジャーを楽しみたい
という行動派の方におすすめです。次号、平成18年春号は
来月2月に発売予定だそう。この本を見ていると、もっともっと
他の離島にも行きたくなってしまいます。
4947653612沖縄・離島情報〈平成17年夏号(通巻第49号)〉
林檎プロモーション 2005-06

by G-Tools


** こちらは年度版で、ひとまわり大きいサイズです。
沖縄・離島情報〈2006年度版〉沖縄・離島情報〈2006年度版〉

by G-Tools


posted by sumibooks at 16:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

『木のいのち木のこころ 天・地・人』

法隆寺最後の宮大工と呼ばれる 西岡常一氏の『木に学べ』を
読んだのは、高校生の頃。私の高校では、大学の卒論のように
一年かけてひとつの論文を書く「課題研究」という授業があり
その参考文献として読んだ本のひとつでした。信念を持って
素晴らしい仕事をされる方がいらっしゃるのだと、感銘を受け
木に対する考え方も少しは変わった気がしたものです。

そして今年の夏、紀伊・熊野の山中を歩いて樹齢1000年の古木
に触れたりし、日本の木の文化について再び思い起こす機会を
得ました。ちょうど新潮文庫の夏の新刊で、『木のいのち木の
こころ』を見つけた時には、これは読むしかないと・・。


前置きが長くなってしまいましたが、本書は3冊の単行本を
1冊に合本したもので、天・地・人の3章に分かれた聞き書き
です。天では、法隆寺や薬師寺の修理再建を手がけた宮大工
西岡常一氏のお話。地では、そのお弟子さんである小川三夫氏
のお話。そして人では、現在修行をされている若い弟子の方々
の話。巻頭には西岡棟梁の生前の写真、また直筆の手紙も掲載
されています。(書道家のような達筆にも感動。)

お弟子さんには「雲の上の人」また「法隆寺の鬼」とも呼ばれる
西岡氏のお話は、木にまつわる事や、職人の心構え、宮大工の
口伝など全てが心に深く響く言葉です。樹齢1000年の木は、材
(つまり材木)になってもさらに1000年持つ、日本には法隆寺に
使えるような木がもう一本もない、木の癖組みは工人たちの
心組み・・・といったお話の数々。

私自身は大工ではありませんが、先生について修行したあと
今も物を造り出す仕事をしているので、考えさせられることや
有難いお話でいっぱいでした。何度も涙が滲んだほど。
聞き書きとしても読みやすく、名著と言える一冊だと思います。
4101190313木のいのち木のこころ―天・地・人
西岡 常一 小川 三夫 塩野 米松
新潮社 2005-07

by G-Tools


posted by sumibooks at 20:20| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

またまた夏の旅に行ってきます。

残暑お見舞い申し上げます。

八丈島から帰ってきたばかりですが、今週は関西へ。
初めて熊野三山をお参りしてきます。熊野古道に関する
文献は古くから沢山あるので、とても読みきれません
でしたが、しっかりと自分の足で歩いてきたいと思います。

週末まで更新はできませんが、着々とブックハンティングを
続けています。熊野の資料なども、現地で集めてくる予定。
皆様も、良い夏をお過ごしください。   sumibooks

4635600335熊野古道を歩く
山と渓谷社大阪支局
山と渓谷社 2004-05

by G-Tools


**もうひとつのブログ 旅の記憶-travelogue-にて
 ケイタイ旅日記を現地より発信します。
posted by sumibooks at 16:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

江原啓之神紀行『Spiritual Sanctuary』

マガジンハウスから2003年に発売されたムックで、家族が
購入していたので読んでみたのですが、結構面白かったので
ご紹介を。テレビでもお馴染み、スピリチュアルカウンセラー
の江原啓之さんが、全国各地の有名な神社やパワースポットを
訪れ その様子をレポートした旅のページと、正しい参拝の
仕方や心構えを分かりやすく解説したページに分かれています。

ちょうど来週、私も熊野三山に参拝する予定なので、じっくり
と興味深く読みました。ただお参りをするよりも、少しの知識
と心構えがあるだけで、その重さが変わってくるような気さえ
してきました。日本人である以上、なにかと神社にお参りする
機会は多いのですから、このような本があるのはありがたい
ことだと思います。

また全国各地(主に関西・中国地方、そして沖縄)の聖地を
写真とともに紹介しているので、旅の本としても楽しめるよう
旅館や食事処の紹介もありました。夏の旅のお供にいかがですか?
4838784260Spiritual Sanctuary -江原啓之神紀行-
江原 啓之
マガジンハウス 2003-12

by G-Tools

posted by sumibooks at 16:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

夏の旅「八丈島」へ。

今週末は、2泊3日で伊豆諸島の八丈島に行って
きました。ガイドブックを探してみると、種類が
とても少なく 載っていても数ページしかないので
パラパラと立ち読みしただけで、出発することに。

現地に着いてさっそく島をドライブすると、なぜ
ガイドブックが少ないのか、その理由が分かりました。
良い意味で「なんにもない」のです。緑と海という
自然が豊かで、おいしい空気はたっぷりあります。
文化的な見所もありますが、空港でもらえる資料や
地図・観光パンフレットがあれば十分楽しめました。

短い滞在だったので、読書もせず携帯の電源も切って
時計も見ずにのんびりと過ごし、リフレッシュ。
そんな旅でした。
4408054771伊豆大島・八丈島―心と体にいい旅
ブルーガイド編集部

by G-Tools

**もう一つのブログ旅の記憶 -travelogue-
八丈島紀行を連載予定です。
posted by sumibooks at 20:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

三好和義氏による『屋久島の撮り方』

楽園を撮り続ける写真家 三好和義氏の作品集が好きで
よく見るのですが、こんな本まで出ているとは知りません
でした。雑誌『サライ』のショトル・トラベルシリーズ。

世界遺産 屋久島を訪れ、おすすめの撮影スポットを紹介
しながら、原生林の写真をたっぷりと収録しています。
タイトルにあるように、撮影のデータも細かく 注意点や
ちょっとした撮影のコツが、それぞれの場所ごとに書いて
あるのが特徴。おすすめのレンズや特殊効果の使い方も、
試してみたくなるもの。

巻頭の三好氏によるエッセイも素晴らしく、京都の庭の原点
は屋久島にあったというお話や、土門拳さんのことも。そして
この本は『屋久島の撮り方』であると同時に「森の撮り方」でも
あると書かれています。

巻末には「旅のガイド」もついていて、ガイドブックとしても
役に立つ一冊。樹齢7200年とも言われる縄文杉を見に、いつか
訪れたいと思っているのですが、まずはこの本で勉強し写真の
腕をみがき、心構えをしたいと思います。知床の世界遺産登録
が話題になっていますが、やはりマナーや自然への敬意を忘れ
ないようにしたいですね。
409343168X世界遺産・屋久島の撮り方
三好 和義
小学館 2001-02

by G-Tools

posted by sumibooks at 19:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

東京を歩こう『TOKYO KENCHIKU SAMPO』

建築の専門書ではなく、散歩しながら東京の建築を楽しもう
という”とびきり素敵なケンチクの歩き方”の本。
表紙の写真は、東京日仏学院の階段。

「光があふれるところ」「静けさを感じるところ」などの
章に分かれ、25か所の建築が紹介されています。その中には
私の好きな「国際子ども図書館」や「原美術館」のほか、学校
や六本木ヒルズなど さまざま。

写真も文章も、女性らしい柔らかな眼差しがあり 散歩を楽しむ
ようにリラックスした雰囲気のある一冊です。巻末には、”知って
いるとちょっとうれしいケンチクの言葉”や有名建築家11人の
紹介やブックガイドもあり、建築について興味を持てるように
なっています。今の季節、建築散歩にはちょうど良いですね!
4860200896TOKYO KENCHIKU SAMPO 特別な時間の流れる25の空間
矢部 智子
ブルース・インターアクションズ 2004-02-22

by G-Tools
posted by sumibooks at 23:41| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

古くて新しい銭湯スタイル『銭湯読本』

温泉も良いけれど、たまには銭湯はいかがですか?
最近では私もジャグジーなどの充実したスーパー銭湯に
行くほうが多くなってしまいましたが、この本で紹介
されているのは昔ながらの銭湯。

魅力的な写真とともに全国の老舗銭湯めぐりを楽しむ
ことができ、ガイドブックとしても便利。それだけでなく
銭湯の歴史や銭湯好きのコラム、カルチャーガイドまで。

HOW TO ENJOY SENTO銭湯入門は、銭湯を知らない今時の
若者のために。全国的に減りつつある銭湯ですが、この
素晴らしき日本文化は後世に遺されるべきです。昭和初期
の銭湯建築は、まるで重要文化財!
4048980998銭湯読本―The New Life With SENTO
Sento Style推進委員会
アーティストハウスパブリッシャーズ 2002-11

by G-Tools

**amazon.co.jpでは、ただいま在庫切れのようです。
posted by sumibooks at 20:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

GWは国内旅行『るるぶ』

大型連休には、ゆっくり読書をしたいところですが
あれこれ用事がたまっていて、なかなか読めません・・。
GWの予定はもうお決まりですか?

明日から1泊で、神戸にお墓参りに行ってきます。
子どもの頃から何度も訪れている神戸なので、今回は
比較的新しいベイエリアを歩いてみようかと思います。
美味しい明石焼きも、また食べたいです!
(2日ほど更新をお休みさせていただきます。)
るるぶ大阪神戸ベイエリア (’05)

by G-Tools

posted by sumibooks at 22:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

食べ歩きしたい!『東京カレー・バイブル』

カレー好きというほどでもないのですが、ふと食べたく
なるのが専門店のカレーというもの。本書は、東京にある
カレーの老舗から人気カフェまで、厳選された50店を掲載。

情報誌のようにごちゃごちゃしたものではなく、美味しそうな
写真とすっきりとしたレイアウトで、一軒一軒が丁寧に紹介
されている印象です。店舗の地図や店内の雰囲気も分かり
食べ歩きにも便利。個人的には、カフェ・ハイチのドライカレー
が選ばれていて嬉しかったです。

本格インド料理、フレンチ、イタリアンなど様々なカレーが
集められているので、カレーの奥深さを改めて感じました。
東京カレー★バイブル
水野 仁輔

by G-Tools

posted by sumibooks at 22:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

国内旅行といえば『るるぶ』

明日から1泊2日で、国内旅行をしてきます。
今回は、萩・津和野・下関など歴史ある町へ。
詳しくはメインサイト「旅の記憶-travelogue-」
後ほど報告する予定です。

図書館で借りた『るるぶ』を読んで、ちょっとだけ
予習中。明日の更新はお休みさせていただきます。
晴れますように!
るるぶ萩津和野山口 (’05)

by G-Tools
posted by sumibooks at 18:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

東京を歩こう!『建築MAP東京』

1980年以降に建てられた現代建築を中心に、500以上の
建物を写真や解説つきで掲載し、全て地図上にも併記
することで、実際にその場所に行くこともできる。実用
性の高い東京&建築のガイドブック。

地図を見ているだけでも、あの建物は○○の会社だった
んだ!あれは○○氏の設計なのか・・と発見だらけです。
そして、カラーの分かりやすい地図には、交通機関や地名
も入っているので場所のイメージがつかみ易く、その場所
を歩きたくなります。また大使館や図書館、美術館などの
公共建築も多く取り上げられていて、巻末にはエリア別の
索引もあり使いやすい工夫も。コラムも充実です。

最近、持ち歩けるサイズのminiも出版されました。
一味ちがった東京の街歩きはいかがですか?
建築MAP東京
ギャラリー・間
TOTO出版 2003-01


by G-Tools



posted by sumibooks at 20:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -日本- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。