2011年08月31日

ハーブのレシピ『修道院の食卓』

雑誌ばかり紹介していたので、手元に置いている本から・・。

もともと自然食や漢方には興味があり、健康に関する本もよく
読んでいたのですが、今年はハーブについてもっと知りたいと
思い、メディカルハーブの勉強を始めました。

メディカルハーブとは「植物療法」。自然療法のひとつで
ハーブに含まれている成分を 健康維持に使う伝統的な方法。
身近なところでは、ハーブティーなどがあります。

アロマテラピーのブームに続いて、最近ハーブの人気も高く
なっているように感じます。本格的な専門書だけでなく、
親しみやすい入門書も 近年多く出版されています。
そんなハーブの世界に関連した 興味深い読み物をいくつか。


『修道院の食卓』心と体においしい秘伝レシピ52。
創元社の修道院ライブラリー『修道院へようこそ』という本を
読んで面白かったので 食事についても気になっていました。
全4部作の修道院シリーズの2巻目。

フリージャーナリストの女性が、ドイツのシュタインフェルト
修道院に滞在し、そこで学んだ食生活の秘密を分かりやすく
書き留めています。修道院での食事に関する考え方や、食材
その調理方法まで。特にハーブ・香辛料の章や、自家製パンに
興味津々。もちろんワインやチーズについてもあります。

本文に写真はなく、イラストが少しで 主に読み物として
楽しめますが、ちゃんとレシピも細かく載っています。
「聖スコラスチカのスープ」どんな味がするのでしょう?

4422143883修道院の食卓(修道院ライブラリー)
ガブリエラ・ヘルペル ペーター・ゼーヴァルト
創元社 2010-07-09

by G-Tools


メディカルハーブとアロマテラピーの入門には、池田書店
『ハーブと精油の基本事典』がおすすめです。
110種類のハーブと精油が 植物の写真入りで紹介されていて
症状別の使い方や、化粧品のつくり方まで載っています。

ハーブと精油の基本事典
ハーブと精油の基本事典林 真一郎

池田書店 2010-07-25
売り上げランキング : 5731


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今年の夏は、毎日ハーブティーを飲んでいるので体調も良い
気がしています。料理にも、ハーブの調味料は欠かせません。
さまざまな特徴や効果のあるハーブの世界は、とても深いくて
生活に結び付いているので 興味が尽きないこの頃です。
posted by sumibooks at 21:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

文庫サイズで登場!『誕生色事典』

以前『色の秘密』という本をご紹介しましたが 同じ著者
野村順一さんによる小さな色の事典ができました。ただ色
を並べるのではなく、一年366日それぞれの色である
「誕生色」をまとめている楽しい事典です。

各月ごとに、初めに月カレンダーがあり 一覧になっている
ため、まず月ごとの色の傾向がわかります。例えば、4月
はパステルカラー、8月はブルー系が多いというように。
そして、1ページにつき2日分のペースで 日付・色見本
・キーワード・色の名前・その人の特徴とヒント・人格の
具体例が書かれています。

試しに、身近な家族や友人の誕生日を使って調べてみると
色のイメージが合っていたり、人格の特徴が似ていたり・・。
まずは占いのように簡単に楽しむことができます。それだけ
でなく、366もの色が紹介されているので 色の名前や
キーワードを読むだけでも発見が多く 色事典として役立つ
ほか、具体例による様々な職業や性格を知る楽しさも。

ちなみに、私の誕生日11月22日は「抹茶色」。キーワード
は、信条・理想・器量。目的達成のため猛然とアクションを
起こす人。向いている職業は、画家やテレビ局のプロデューサー
だそうです。抹茶色・・・昔から好きなんですよ。
4167713039誕生色事典―「色の秘密」366日
野村 順一
文藝春秋 2006-05

by G-Tools

posted by sumibooks at 19:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

『無印良品のふしぎ』ピエブックス

今月の新刊で、目をひいたのが この『無印良品のふしぎ』。
表紙も無印のラベルを意識していて、実際に(株)良品計画
が協力しています。無印良品の商品名や商品そのものについて
不思議に思うことを紹介しているユニークな本。

見開きの左ページに、商品ラベルとシンプルな疑問や提案が
書かれていて、右ページには商品の写真とその答え・謎解き
が載っています。まるで無印のカタログのような爽やかな
構成は、さすがピエブックス。不思議を楽しみながら、無印
の販売戦略やデザイン力に感心させられます。

一例を挙げれば、カッターの商品名が大・中・小でなく大・小
・ミニなのはなぜ?とか石鹸の真ん中のくぼみは何?とか
まぁささいなことなのですが、無印良品好きにはなるほどと
楽しめるはずです。そんな私も学生の頃から、無印ファンです。

4894445239無印良品のふしぎ
ピエブックス
ピエブックス 2006-03-11

by G-Tools


posted by sumibooks at 14:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

最新色彩学入門『色の秘密』

自分の好みを考えると、好きな色にはあまり変化がない
ものの、身に着ける色には最近変化を感じていました。
以前は便利だからと 黒い服を買うことが多かったのですが
ここ数年は、白や明るい色の服を着ることが多くなり
シルバーや光る色の小物を集めるようになりました。
すると、なんだか気持ちも明るくなり元気が出るのです。

さて、本書は「人はピンクで若返り、白い部屋が美人を
つくる!」という帯に惹かれて読んでみたもの。著者の
野村順一氏は色彩学のスペシャリスト。「ラッキーカラーは
○○色」といった風水の本とは違い、世界中の実験データ
に基づいて、色の秘密を科学的に解き明かしています。


まず巻頭には、カラーチャートと色によるイメージなどを
簡潔に表わした図表があり、本文が始まります。「皮膚には
光センサーがある」という序章にまず驚き、時間と色、温度と
色、重さと色の関係などを知り、色の世界に引きこまれます。
続いて、好む色で分かる基本的性格の紹介では、24色の
色と結びつく性格の長所・短所を述べています。

色の特徴をふまえた上で、後半では、「快適生活の色彩術」と
題して、住まいにおける色の効果や 照明の違いによる人体
への影響、また食べ物の色についても詳細に。本書を読んで
家の照明を蛍光灯から白熱電球に変えたくなってしまいました。
さらには、日本人の色彩感覚や国による色の好みの違いなど
文化人類学にも通じていて、読み応えもあります。

色について考えることは、生活について考えること。本書を
読んでファッションやインテリアに役立てるのも良いですし
健康や精神面にも色の効果があるということを実感できる
はずです。新書のような感覚で楽しめる、文庫本でした。
4167660903色の秘密―最新色彩学入門
野村 順一
文芸春秋 2005-07

by G-Tools


posted by sumibooks at 21:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

憧れのカメラ『魅惑のコンタックスTシリーズ』

最近ずっと、買おうかどうしようか考えているカメラがあって
そのカメラについての本を読んでしまったら、「やっぱり買おう!」
と思ってしまいました。カメラの前に解説本を買ってしまうなんて
順序が逆な気もしますけれど・・・。

そのカメラとは、もう製造中止になったコンタックス(京セラ)の
コンパクトカメラ「T2」。デジカメではなくて、フィルムカメラ
です。簡単にご紹介すると、T2は1990年に登場し26万台も
作られたロングセラーモデルで、高級コンパクトというジャンル
を確立したカメラと言われています。

本書では、このTシリーズの初代TからT2/T3/TVS/Tixなど年代を
追って、その特徴・機能・デザイン・作例をシンプルにまとめて
います。もともとムックとして発売された内容を、文庫化に
あたって加筆・再構成しているそう。(ビジュアル重視のエイ文庫
は、カメラのエッセイなどが充実しているので好きです。)

さて、いまなぜT2か?といえば、発売当時12万円もした
憧れのカメラが、製造中止とデジカメの普及などで中古市場が
値下がりし、2万円台でも手に入るようになったからです。
カールツァイスレンズの写りの良さと高級感のあるチタンボディ。
それを持って旅に出たい・・・と思っているのです。
デジカメを使うほど、フィルムの魅力を見直してしまう
今日このごろでした。
4870998475魅惑のコンタックスTシリーズ エイ文庫 (024)
マニュアルカメラ編集部
エイ出版社 2003-03

by G-Tools


** こんなムックも、参考に。コンパクトカメラって楽しい!
4870999382コンパクトカメラ通信 (No.2)
〓出版社 2003-10

by G-Tools


posted by sumibooks at 13:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

暮らしの絵本『贈り方のマナーとコツ』

今年に出版されて もう第4刷もされているので、かなり
売れている本らしく、私も書店でずいぶん探しました。
お祝いや記念日のプレゼントに関するマナーやヒントを、
手描きの文字とカラーイラストで紹介している実用書。

絵本を読むような軽い感覚で、冠婚葬祭のマナーなども
知ることができるので「少しは知っておきたい」という
人にはぴったりの本だと思います。旅のおみやげのページ
などは、イラストを見るだけでも楽しく、プレゼントに
まつわるエピソードも沢山。女性向けの内容でしょう。

後半には、上手な渡し方のコツや手紙・ラッピング・お花の
選び方まで。贈り物にも色々な種類があるのだなぁと再確認
できました。のし・水引の話など、これからも日常生活の中で
「ちょっと困った時」に活躍してくれそうな一冊。
4054025382贈り方のマナーとコツ 暮らしの絵本
岩下 宣子 伊藤 美樹
学習研究社 2004-01-30

by G-Tools

posted by sumibooks at 18:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

あなたはマドリスト?『間取りの手帖』

2003年に話題になった本なので、ご存知の方も多い
と思いますが、改めてじっくり読んでみました。著者の
佐藤和歌子さんは、間取り収集家・Madorist。間取り
というのは、賃貸住宅のチラシで見かけるあの図ですね。

マドリストという言葉を聴いたのは、初めてですが
思い返せば私も結構「間取り好き」。引越しの予定が
なくてもついついじっくりと間取りを眺めてしまいます。
本書では、ありえない!と言いたくなる様なヘンな間取り
が99件も紹介されています。

ごちゃごちゃ説明するのではなく、シンプルに間取りその
ものを載せ、家賃と一行のコメントが添えられています。
「同居人と距離感を保ちたい方に。」なんて書かれていたり
するのです。間取りと共に、絶妙なツッコミも楽しめる一冊。

間取りをテーマにしたコラムや対談も、収録されているので
読みどころもあり。もしも間取りを見るのがお好きなら、
きっと楽しめることでしょう。装丁も凝っています。
489815090X間取りの手帖
佐藤 和歌子
リトルモア 2003-04

by G-Tools
posted by sumibooks at 01:42| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

木村衣有子さんの『手紙手帖』

茶封筒のデザインをした装丁と「あの人はどんな手紙を
くれるかしら」という副題が気になって、手に取った新刊。
気の利いた手紙を書くためにできること、便箋・封筒選びの
楽しみなど、手紙へのこだわりが綴られたエッセイです。

最近私も、「一流の仕事をする人は、センスあるきちんと
したお礼状を書ける人」という話を聞いたばかりで、銀座の
鳩居堂にでも行こうかと思っていたところ。第2章「手紙の
必需品」では、銀座の老舗文具店4店をオリジナル商品と
共に紹介しています。

実際の手紙を載せた第3章と、手紙についての本を集めた
第4章も、とても興味深いものでした。著者と同世代なので、
学生の頃の手紙話も懐かしく、手紙をよく書いていたことを
思い出しました。(このブログを書くときも、誰かに手紙を
書くようなつもりで書いています。)

Eメールは便利ですが、素敵な手紙の書ける大人になりたい
と改めて思います。まずは万年筆を買わなくては・・!
4396410778手紙手帖―あの人は、どんな手紙をくれるかしら
木村 衣有子
祥伝社 2005-06

by G-Tools

** 本文中でも紹介されている こちらの一冊も素敵。
4872902157手紙を書きたくなったら
木下 綾乃

by G-Tools


posted by sumibooks at 20:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

デジカメ『New EOS Kiss Digitalのすべて』

先週あたり、なかなかブログの更新ができなかったのは
デジカメのリサーチをしていたからなのです。初めての
デジタル一眼は、何を選ぶべきか?・・の答えはすぐに
出ていたので、周辺機器や価格などを調べていました。

そしてかなりお得な週末特価で購入したのは Canonの
新製品 EOS KissDigital N。細かい説明書を読む前に、
関連本を買ってザッと読んでみました。関連本が多くて
迷ったのですが、カメラ雑誌アサヒカメラ編集の『New
EOS Kiss Digitalのすべて』を。初心者向けのDVD
付録付きです。

本書で面白かったのは、旧Kiss Digital機との比較や
Eosシリーズの歴史。またシーン別の撮影テクニックや
掃除の仕方まで一通りおさえてありました。問題点は
もっと他のレンズや周辺アクセサリーが欲しくなって
しまうことですね。気をつけます・・。
4022723068Canon New EOS Kiss Digitalのすべて
アサヒカメラ
朝日新聞社 2005-05

by G-Tools

** ↓こちらもかなり詳しいです。
484432103XCanon New EOS Kissデジタルの衝撃―超小型・超軽量、800万画素一眼レフEOS Kiss Digital Nを徹底解剖!!
インプレス 2005-04

by G-Tools

posted by sumibooks at 15:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

風水整理術入門『ガラクタ捨てれば自分が見える』

amazon.co.jpの文庫コーナーで、長い間ベストセラーに
なっているので気になって読んでみました。奥付を見ると
初版からもう十刷されているのです。

風水と言うと、日本では「西に黄色、東に赤」といった
インテリアの色のイメージが強いのですが、本書は少し
違います。著者は英国人の女性、建物のエネルギー浄化
の先駆者と呼ばれるカレン・キングストンさん。

タイトルの通り、家の中の「ガラクタ」を整理して処分すると
良いことが起こるという風水。本書の最大の特徴は
ガラクタの整理の仕方という方法論ではなく、ガラクタが
与える精神への影響などスピリチュアルな内容にあります。

読んでいると、思わず部屋の掃除を始めたくなりました。
「なぜ人はガラクタを溜めるのか?」という章も面白く、
最後には、心と体をキレイにする方法まで・・。大掃除の
前に読むと効果絶大かも?!
4094180311ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門
カレン・キングストン

by G-Tools



posted by sumibooks at 20:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

タリーズの起業精神『すべては一杯のコーヒーから』

GWで緩んだ頭を仕事モードに切り替えよう!と選んだ
一冊。読みやすさと面白さに、一気に読み終えました。
著者は、シアトル生まれのスペシャルティコーヒー
「タリーズ」を日本で展開させた、タリーズジャパン社長
松田公太氏。単行本が文庫化されました。

第一章は、シアトルでタリーズコーヒーを知ってから、
大手銀行を20代で退職し、USAの会長に売り込みに行く場面。
スターバックスが日本に参入したのとは、全く違う展開で
あったことを知り驚いてしまいます。松田氏の行動力と
情熱からは、仕事をする人間にとって大切なものが確かに
伝わってきました。

海外での子ども時代、銀行員からの転職、創業時の苦労話
など 全てとてもストレートに書かれています。もともと
タリーズ・コーヒーは好きでしたが、そのこだわりを知り
もっと好きになりそうです。そして個人事業を始めたばかり
の自分にとっては、勇気をもらえる一冊でもありました。
すべては一杯のコーヒーから―Short latte,tall cappuccino,and grande passion
松田 公太
新潮社 2005-03


by G-Tools


posted by sumibooks at 02:15| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

役立つ短編集『女が部屋を借りるとき』

新年度の始まる春は、引越しの多い時期でもあります。
私はまだ実家に家族と住んでいるので、一人暮らしの経験
はないのですが、賃貸や不動産屋について何も知らない
ではいつか困るかもしれません。

ホテルの評論などでも有名な一級建築士 稲葉なおとさんが
賃貸生活にまつわる数々のポイントを織り交ぜながら、展開
させる 21編のショートストーリー。楽しく小説を読みながら、
賃貸に関する知識を得ることができるのです!

もともと『FRaU』に連載されていたもので、女性の立場に
立った部屋探しのコツ、不動産屋との契約から解約までを
様々なストーリーで描いています。実用的なコラムも挟んで
「敷金」「礼金」の仕組みも詳細。もちろん女性に限らず
男性にも役立つ内容なので、賃貸に興味や疑問のある方は
どうぞ。
女が部屋を借りるとき
稲葉 なおと
講談社 2001-02


by G-Tools
posted by sumibooks at 13:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

使える!『iPod・iPod mini・iPod Photo 徹底活用ガイド』

街や電車の中で、白いイヤホンをつけている人が この1・2年で
爆発的に増えたように感じます。最近では、小さなiPod shiffle
をぶら下げている人を見かけることも・・。

バックパッカーの旅のお供に、iPodを買ったのは一昨年の春。
まだ第3世代の15GB iPodでした。私にとっては初めてのMac
製品ということで、パッケージを開けるにもドキドキ。そして
シンプルな説明書にびっくり。「あれ、これだけ?」

そこでお世話になったのが、こちらの徹底活用ガイド(旧版
でしたが)。Windowsユーザーにも対応した、基本操作から応用
周辺機器との接続やアクセサリーまで、ひと通りのことが一冊で
分かります。初心者にとっては、Q&Aもありがたいものでした。
最近では、30冊以上のiPod関連書籍があるそうです!
iPod・iPod mini・iPod photo徹底活用ガイドfor Macintosh & Windows
毎日コミュニケーションズ 2005-01

by G-Tools

iPod shuffle版も出ています。
iPod Fan iPod shuffle入門・活用ガイド―For Windows & Macintosh
iPod Fan編集部 田中 裕子

by G-Tools

posted by sumibooks at 16:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

ほぼ日刊イトイ新聞編『オトナ語の謎』

新潮文庫の新刊で、面白いものを見つけました。
本書は、糸井重里さん監修のインターネット新聞
「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載されていたもの。

オトナ語とは、オトナたちが仕事や社会で使う独特
の言いまわしや単語のことらしく 基本用語編に始まり
カタカナ編・オフィス編などジャンル別に並べています。
巻末に索引やテスト問題もあり。

それぞれの言葉に対し、実際に使われている意味と共に
それって本当はヘンじゃない?といったツッコミが
入っていて笑えます。日常で使っている言葉を見つめる
きっかけにもなりました。
オビの一言も、オトナ語ですね。
オトナ語の謎。
糸井 重里 ほぼ日刊イトイ新聞
新潮社 2005-03-29


by G-Tools


posted by sumibooks at 21:02| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

至高のマナー学 『もしも宮中晩餐会に招かれたら』

2001年に話題になったので、読んだ方も多いのではと
思います。新書というものは表紙のデザインが統一されて
いるので、書名が勝負かなと想像するのですが、この
「もしも・・」という書名は実に上手い。つい読みたくなって
しまいますよね?

著者の渡辺誠さんは、元宮内庁管理部大膳課主厨を長年
務められていました。つまり宮中晩餐会の料理を作り上げる
方です。本書の特徴は、書名の通り「初めて宮中晩餐会に
招かれた場合に、何も分からずいったいどうしたら良いのか」
という立場から書かれていること。招待状の内容にはじまり、
ドレスコードや晩餐会が始まる前、食事の流れなど まるで
自分が参加しているかのようにドキドキしながら読みました。

また、料理を作る側の工夫など裏話を聞くことができるのも
面白いところ。実際のメニューも紹介されているので、おなかが
すいてしまいます。宮中に招かれることなど無くても、読み物
としての魅力があり、マナーについても楽しく学べるのでは。
もしも宮中晩餐会に招かれたら―至高のマナー学
渡辺 誠

by G-Tools

posted by sumibooks at 14:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

デザインの本 『これ誰がデザインしたの?』

雑誌『デザインの現場』で連載されていた 誰もが知って
いる日用品のデザインの秘密を紹介している本。専門書
のような堅苦しい雰囲気はなく、写真を見ながらパラパラ
とめくって、コラムを読むとなるほど〜と感心できます。

本書で取り上げられているのは、パッケージデザインから
企業ロゴ、公共のデザインまで幅広く 「乾電池」というモノ
までも。面白かったのは明治のチョコレートや「カール」の
デザインの変遷。現在のデザインだけでなくデザインの歴史
を見ることができます。また、それぞれデザインを作った人
のコメントやなぜそのデザインになったのかという秘密を
知ることができます。
これ、誰がデザインしたの?
渡部 千春 『デザインの現場』編集部
美術出版社 2004-09


by G-Tools

posted by sumibooks at 15:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

知っていますか?『夢をかなえる人の手帳術』

著者がプロデュースした今年の手帳は、大ヒットした
ので書店で見かけた人も多いでしょう。何冊か手帳に
関する本をめくりましたが、この本は手帳の書き方を
工夫するというより、時間の使い方を見直そうという
内容です。

旬間表・月リスト・毎日リストといった具体的な手帳術
だけでなく、「灯台の時間」を持とう・「グレーの時間」を
減らそうといった時間の使い方のアドバイス。仕事が
忙しくて自分の時間が無い、夢はあるけど行動できない
という女性におすすめ。時間の使い方についての意識が
少し変わるかもしれません。
夢をかなえる人の手帳術
藤沢 優月
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2003-04


by G-Tools

posted by sumibooks at 16:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

谷崎潤一郎 『文章読本』

表紙からして、何だか難しそうと思われるかも
しれませんが、実に読みやすく丁寧に書かれた
文章の書き方。谷崎氏の小説は、まだ読んだこと
がないのですが、『陰翳礼讃』を書かれた方なの
だから、文章の書き方にも美学があるのでは?
と学生の頃に読みました。

文章の上達法、文章の要素など細かな章に分けて
さまざまな例文を挙げて説明されています。その
例文も、古典から近代の名文ばかりなので、文学
好きにはたまりません。谷崎氏による国語の授業を
聴いているような、楽しささえあります。

文法だけでなく「品格」「調子」「文体」など、あらゆる
観点から日本語というものを見つめ直す一冊です。
文章読本
谷崎 潤一郎

by G-Tools



posted by sumibooks at 17:28| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

実用『フリーのための「青色申告」デビューガイド』

自営業や自由業の人にはお馴染みの「確定申告」。
私も昨日、税務署に行き書類をもらってきました。
フリーランスなので、収入が少なくても自分で
税金を計算して申告しなければならないのです。

会社を出てフリーになった(独立した)人にとって
確定申告は未知の世界。関連書籍は沢山出ていますが
専門用語が多く、ますます訳の分からなくなる場合も。

そんな確定申告初心者に、親切丁寧にアドバイスを
くれるガイドです。例えば、集めた領収書はどうやって
まとめれば良いのか等。私はまだ白色申告ですが、
この本を読んで、青色も怖くない!と思いました。
フリーのための青色申告デビューガイド改訂版!!
はにわ きみこ

by G-Tools


posted by sumibooks at 16:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

村上龍『eメールの達人になる』

いまやパソコン書籍は溢れるほど出版されていて
eメールの書き方といった本は、メールソフトの
使い方を紹介しているものがほとんどですよね。

本書は、作家の村上龍氏がeメールのマナーや
言葉の選び方について考察しているもの。
著者が実際にやりとりしたeメールが、実例として
何通も載せられているのが興味深いところです。
仕事でeメールを使われる方は、参考になるはず。
eメールの達人になる

by G-Tools

posted by sumibooks at 19:10| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 実用・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。