2012年05月19日

カレル・チャペック『園芸家12カ月』

今年に入って、長野県に行っては 畑で野菜を作り
自宅では室内でハーブや花を育てるようになって、
園芸や野菜作りの本も読むようになりました。

野菜の育て方といった実用書だけでなく、田舎暮らしや
園芸のエッセイも面白いので、よく読んでいます。
その中で、ガーデニング好きにおすすめの読み物。


1890年チェコに生まれた作家 カレル・チャペック。
小説や童話を書き、写真や絵画も手がける多才な作家
でしたが 本書はこよなく愛した園芸の歳時記。
中公文庫で1975年に発行されて以来、版を重ねている
ベストセラーでもあります。

著者は、園芸の専門家ではないので 専門用語を並べる
ことなく、庭づくりの楽しみをユーモラスに表現。
「庭をつくるには」という序章に始まり、1月2月と
季節を追って、土や虫や天候の様子も交えつつ 数百種の
草花の名前を挙げています。そこに、著者の哲学的
文学的な思想が見え隠れ。

実兄ヨゼフ・チャペックの ゆるゆるとした挿画も
文体に合っていて、思わず笑顔になるのです。
昭和30年代の小松太郎氏による訳も、日本人に
分かりやすく植物を解説しているので素晴らしい。

この本が書かれたのは、1920年代と推定されますが
今読んでも 全く古いことはなく、ガーデニングの
基本も園芸家の思いも 何も変わっていないのだ
という普遍性に ほっと温かい気持ちになる一冊。
手元に置いて、季節ごとに読み返したいです。

412202563X園芸家12カ月 (中公文庫)
カレル チャペック Karel Capek
中央公論社 1996-03

by G-Tools
posted by sumibooks at 21:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

森山大道『もうひとつの国へ』

昨年発売された、写真家・森山大道氏によるエッセイ集。
ここのところ毎日、少しずつ楽しみに読み進めていました。
どちらかと言うと、写真より森山氏の文章が好きだったり。

本書は、80年代半ばから ごく最近書かれたエッセイまでを
集め、比較的マイナーなカルチャー誌のコラムが多いので
初めて読む内容でした。その内容は、ご本人のあとがきに
よれば「写真に関すること以外のもの」とあります。

が、実際は森山氏の日常を綴っている為 結局写真から
離れることはないわけで、それがまた面白い。
若くてまだ仕事がない時にどんな日々を過ごしていたか、
そして今も 日々考えることとは・・。70代を迎え、
すでに高名な写真家となっても、自分を「ナマコ男」
「野良犬のよう」と呼ぶ変わらないスタンス。


難しい写真論の本ではなく、撮影で訪れた場所の印象や
出来事を綴っていたりするので、旅の様子も興味深いもの。
森山氏といえば、新宿や池袋の今昔。また最近では、
ハワイやブエノスアイレスへ。写真家の視点と仕事。

以前から森山氏の文章を読んでいましたが、本書を読んで
新たに知ったのは 森山氏がかつてどんな本を読んできたか
という事。こうした魅力ある文章を書く人は、やはり
読書家でありました。およそ50点のモノクロ写真も収録。

402330395Xもうひとつの国へ
森山 大道
朝日新聞出版 2008-09-05

by G-Tools



こちらは自伝的な写真論。まずはこちら。
4309474144犬の記憶 (河出文庫)
森山 大道
河出書房新社 2001-05

by G-Tools

posted by sumibooks at 00:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

『マンガの道』ロングインタビュー集

ロッキング・オンの雑誌『コミックH』に掲載されていた11人の
マンガ家へのインタビューを収録。インタビューは、2000年から
2002年にかけて行なわれていたもので、当時「最前線で活躍
しているマンガ家の生い立ちと、何故マンガ家になったのか
を探る」というテーマの企画でした。

選ばれたマンガ家は、さまざまなジャンルで活躍する人気の
先生ばかりで、有名作品の制作秘話を聞くこともできます。
掲載順に、安野モヨコ・山本直樹・江口寿史・古屋兎丸・小池田
マヤ・山田芳裕・吉田戦車・矢沢あい・しりあがり寿・内田春菊
ハロルド作石。マンガを描き始めた子ども時代のこと、影響を
受けた作品、投稿やアシスタントの時代、デビューしてからの
山あり谷あり・・・。人それぞれに興味深いエピソードが。

中でも印象的だったのは、自分の描きたい物と出版社に求め
られる内容のくい違いに悩んだり、同業者(ライバル)の活躍を
意識し試行錯誤している姿。先生と呼ばれる人々にも、かつて
様々な苦労があり、そしてこれからも挑戦を続けるということ。

ロッキング・オン社ならではの、じっくりと時間をかけたインタ
ビューといった印象で、マンガ家の実像に迫っています。質問の
部分は編集されているので、言葉が途切れることなく 自伝を
読むように読み進められます。本文中には、各2ページ作品の
一部も掲載。トップで活躍される作り手の方からは、たとえ
職業は違っても、学ぶことがありいろいろと考えさせられる一冊。
4860520475マンガの道―私はなぜマンガ家になったのか
安野 モヨコ 山本 直樹 江口 寿史
ロッキング・オン 2005-03

by G-Tools
posted by sumibooks at 16:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

毛利衛『果てしない宇宙のなかで思う未来のこと』

1992年スペースシャトル・エンデバーに日本人として
初めて搭乗した毛利衛さん。その後、2000年に再び
エンデバーに搭乗したあと、同年に日本科学未来館
館長に就任。本書は、未来館での活動と宇宙への想い
生い立ち、地球科学の未来など 毛利さんの活動と思想を
多角的にとらえた一冊となっています。

収録されている4つの対談は、どれも興味深いもの
でした。坂本美雨さんの率直な質問、坂本龍一さんとの
宇宙で聞く音楽の話、石川直樹さんとの自然と時間の話
瀬名秀明さんとの科学・研究の話など。巻末には学生
とのQ&Aも収録。毛利さんの薦める本のページにも注目。

宇宙飛行士という職業は、厳しいトレーニングやテストを
受けた限られた人だけが経験できるもので、その貴重な
体験談や思想を伺い知ることができるのはとても嬉しいこと。
(宇宙での)19日のための15年間の準備について、そして
「地球のような星はほかにもある」と宇宙で直感したこと。
これからの未来のために活動していくこと。毛利さんの言葉
には迷いがなく、すっきりと解りやすい。

私の印象に強く残ったのは、「宇宙から見た地球には、
国境線なんてない」「宇宙では、何人であろうとお互いに
協力し助け合う」といったことでした。ジオ・コスモスという
展示を見るために未来館にも行ってみたいと思います。

441013891X果てしない宇宙のなかで思う未来のこと
毛利 衛 林 公代
数研出版 2002-03

by G-Tools





posted by sumibooks at 17:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

『あのころの未来 星新一の預言』

最相葉月さんが「ショートショートの神様」星新一さんの
作品を題材に、現在の科学や医学の側面から読み解いた
エッセイ集。新潮文庫の新刊です。

星新一さんの小説を私が読むようになったのは、確か中学の
国語の授業がきっかけでした。以来、こんなに面白い話を
作る人がいるんだ!と文庫を20冊以上集め、読み漁った
想い出があります。98年にお亡くなりになって、もう新作が
読めないのだと知り、しばらく遠ざかっていました。

最相さんは、ネット社会・クローン技術・臓器移植・生殖医療など
現在の技術をルポされていて、60年代に星さんが作品の中で
書かれていたことが、現実の問題になっていると分析します。
それぞれ難しい問題なので、本書では深く考察するには至らず
疑問を投げかけるかたちで終わっている印象を受けますが、
こんな現実が起こっているのだ、と知るきっかけになるのでは。

何より本書では、いくつかの星さんの作品がそのまま引用されて
いるので、星さんの作品をまた読みたくなってしまうファンも
多いはず。今も古さを感じさせない描写と、ひとと地球の未来を
みつめる眼差しは、これからも色あせることはないでしょう。
4101482225あのころの未来―星新一の預言
最相 葉月
新潮社 2005-08

by G-Tools


**お詫び 9日まで、リンク先が文庫ではなく単行本になって
いました。訂正してお詫び申し上げます。 
posted by sumibooks at 15:32| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

椎名誠『日焼け読書の旅かばん』

椎名誠さんが編集長を務める『本の雑誌』での連載が
単行本になったもの。タイトルの通り、本にまつわる
エッセイや、おすすめの本が紹介されています。また
本に限らず、旅・生活・仕事の話など楽しいエッセイが
盛り沢山のユニークな一冊。

巻末には、書名索引もついているのですが、椎名誠さん
ならではの片寄ったこだわりのセレクトに、うなる人も
多いのでは。好きなジャンルは「航海記」、特に漂流もの
無人島もの・・という著者の選ぶ「漂流記ベスト20」!
書評も読みやすく好感が持てました。

沢野ひとしさんによる挿絵や、装丁・レイアウトにも
本の雑誌らしいこだわりが感じられ、本好きによる本好き
のための本といった印象も。私も旅行記や冒険記が好き
なので、読みたい本がまた沢山増えてしまいました。
4860110013日焼け読書の旅かばん
椎名 誠
本の雑誌社 2001-04

by G-Tools


posted by sumibooks at 17:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

銀色夏生『川のむこう つれづれノート14』

もう10年以上も続いている、銀色夏生さんの日記。
毎年6月に前年の一年分をまとめて、文庫化される
もので、発売日が待ち遠しいくらい楽しみにしている
シリーズです。

格好つけたり包み隠すことなく、毎日の暮らしや思う
ことをつれづれと書きとめてきたノート。二人の子ども
のこと、新しい家のこと、食事や旅行。誰にでも書ける
日記のようですが、これだけ長い間読ませることができる
のは、やはりプロの書き手としての力量と感性によるもの
であると私は思います。

大好きなシリーズなので、今回で終わりという一言が
ショックでもありましたが、今までありがとうございました
という気持ちでいっぱいです。詩集などの作品以外にも、
また旅行記などの形で、銀色さんファミリーにお会い
できたらなぁと願っています。新作を読むたびにまた
過去数年分を読み返したくなります。
4041673577川のむこう つれづれノート(14)
銀色 夏生
角川書店 2005-06-25

by G-Tools

posted by sumibooks at 13:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

イングリッド・フジ子・ヘミング『天使への扉』

知恵の森文庫の新刊で、世界的なピアニスト フジ子・
ヘミングさんの書き下ろしが出ました。5章に分かれた
エッセイで、右のページには一言、左のページにエッセイ
という読みやすい構成。表紙や挿絵は、ご本人のものです。

フジ子さんのこれまでの経験については、テレビドラマで
見たことがあったのですが、ご本人によって語られる経験
や思想は 驚くほど真っ直ぐで強く響きます。その内容は
多岐にわたり「芸術」「音楽」「才能」「運命」「祈り」など。

ピアニストとして世界の才能溢れる人々と接したこと、長い
海外生活から見えた日本のこと、貧困や愛について、波乱万丈
の人生を歩まれた フジ子さんならではの言葉の数々。

フジ子さんの演奏する「ため息」や「ラ・カンパネラ」が
私は好きなのですが、そのピアノの音から情景や感情が
伝わってくる理由が少し分かったような気がします。CD
やリサイタルで、演奏を聴かれた方は ぜひ。
4334783597天使への扉
イングリット・フジ子・ヘミング
光文社 2005-05-10

by G-Tools

posted by sumibooks at 01:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

山田詠美『風味絶佳』

amazonのホームページを覗いていたら、山田詠美さんの
新刊が発売になっていました。帯には『ベッド・タイム・
アイズ』から20年と書いてあり、びっくり。もうそんなに
経っているのですね。

恋愛小説はあまり読まないのですが、山田詠美さんの作品
は大好きです。今回は短編集だそうですが、また長編も
楽しみに待ちたいと思います。キャラメル仕様の装丁も
『風味絶佳』というタイトルも、気になりますね。
まだ読んでいないので、今日はここまで。早く読みたいです〜。
風味絶佳
山田 詠美
文藝春秋 2005-05-15


by G-Tools

追記:書店で探したら見つからなくて、調べるとまだ
予約受付中でした。申し訳ありません。  5月5日
posted by sumibooks at 15:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

読むべし!『天才アラーキー写真ノ方法』

写真家の荒木経惟(あらきのぶよし)さんは、現在日本で
(世界でも・・)最も知られる写真家のひとりであろうと
思います。すでに数百冊の写真集を出版し、天才アラーキー
の呼び名で自らを語る その人柄にも強烈な印象が残ります。

集英社新書の本書は、もともと雑誌に連載されていたもの。
アラーキー流写真論が展開されていて、その独特な語り口に
引き込まれ一気に読めてしまいます。タイトルの中には、
「写真の方法」とありますが、ありがちな写真の撮り方の
レクチャーではなく、荒木氏の生き方や名言がバンバンと
飛び出してくるので、写真に詳しくない方でも楽しめるはず。

「何事も完成しちゃダメなんですよ。」「写真っていうのは、
光で撮るもんだ。」なんてサラッと語られている言葉に
がつ〜ん!としてしまいます・・。
(写真集については、またいつか。)
天才アラーキー 写真ノ方法
荒木 経惟
集英社 2001-05


by G-Tools




posted by sumibooks at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

今読みたい本 BEST 3

書店の新刊コーナーを覗いたら、気になる読み物がいくつか
あったので、今日はそのベスト3をご紹介。

まずは、村上龍さんの最新作。ずっしりとした長編小説です。
半島とは「朝鮮半島」のこと?分厚いけれど一気に読みたいので
まとまった時間ができるまで、しばらくお預けにします・・・
半島を出よ (上)
村上 龍

by G-Tools

半島を出よ (下)
村上 龍

by G-Tools


そして、もう一冊は 田口ランディさん 先月の新作。
「文学界」に掲載されていた短編を集めたものだそう。
ドリームタイム
田口 ランディ

by G-Tools


最後に、思想の雑誌『ユリイカ』最新号。
なんと特集は、ブログ作法!さてブログの時代を
どのように語っているのでしょうか?
『ユリイカ』2005年4月号特集*ブログ作法

by G-Tools

posted by sumibooks at 00:24| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

池澤夏樹『この世界のぜんぶ』文庫版

文庫サイズの小さな詩画集が好きなので、この本を
見つけた時はとても嬉しかったです。池澤夏樹さん
の34編の詩に、早川良雄さんのシンプルで柔らかな
挿絵が散りばめられています。

詩は、春夏秋冬の順に並べられていて、季節の移り
変わりや自然を見つめたものが多く、雨・空・海と
いったモチーフが。「雨の犬」「空の旅」「無限の時空」
・・そんなタイトルから連想されるものと 描かれて
いるものの違いが面白かったりもします。

四季の終わりには、「クリスマス」の章に 表題作
『この世界のぜんぶ』が入っています。それは世界を
旅する池澤さんらしい言葉で、しめくくられています。
この世界のぜんぶ
池沢 夏樹
中央公論新社 2004-11


by G-Tools

posted by sumibooks at 23:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

童謡詩人 金子みすず『明るいほうへ』

昨日、山口県長門市仙崎という日本海側の古い漁村を
訪れました。大正末期に現れた童謡詩人 金子みすず
が生まれ育った町で、記念館が新しく作られています。

記念館の入り口は、金子家が営んでいた書店を再現した
造りで、その2階には雰囲気のあるみすずの部屋も。
展示室には、直筆の原稿がセンス良く並べられていて、
小さくてもとても素敵な記念館でした。

ここを訪れるまで、金子みすずの作品を知らなかったの
ですが、海辺の町仙崎の自然を歌ったやさしい視線に
とても興味を持ちました。
明るいほうへ―金子みすゞ童謡集
金子 みすゞ
JULA出版局 1995-03


by G-Tools


 
posted by sumibooks at 14:44| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

SONY会長が語る『ONとOFF』

企業のトップに立つ人は、いったいどんな人なのだ
ろう?と、興味本位で読んでみました。出井伸之氏
はSONY会長兼CEO。この本は、ソニー社員向けのHPに
連載されていたもので、出井氏のON(ビジネスの話)
とOFF(プライベート)が盛り込まれたエッセイ集です。

ビジネスの話では、毎月のように世界中を飛びまわり
ビル・ゲイツ氏など業界トップの人々も登場。意外に
思ったのは、SONYというブランドに驕ることなく、常に
危機感を持ち悩みがつきないということ。またOFFでは
ワインやゴルフ・音楽鑑賞などの趣味を持ち、オススメの
本も紹介されていました。次は前会長・盛田氏の本を
読んでみようかなと思っています。

自分は企業に勤めていないのですが、逆に会社という
仕組みに興味を持つこのごろです。
ONとOFF
出井 伸之

by G-Tools




posted by sumibooks at 21:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

江國香織『都の子』

江國さんの小説の暖かさや感覚の繊細さが好きです。
本書は36編の短い文章を集めた初エッセイ集。この
エッセイも、詩のように柔らかな言葉で溢れています。

描かれているのは旅先での出来事や風景、子どもの頃
の感情など。「イスラムの青」「夏の緑」「夜の色」「風の色」
といった色が印象に残るものも多く、目に浮かびます。
「空港効果」という一遍では、飛行機が見たくて時々
成田空港まで行くという江國さんの一面も。
都の子
江國 香織

by G-Tools


posted by sumibooks at 14:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

文庫『女王陛下のロンドン』

1973年日本人の1人の青年が、ロンドンへ渡り
以後10年ロンドンに住み、写真家への道を切り開く。
その青年とは、モノクロのポートレートで知られる
ハービー山口氏。

本書は、ロンドンでの生活記と、その後の著名人との
撮影のコラムで構成されていて、ポートレートも満載。
まだ無名だったボーイ・ジョージとの同居や、70年代
ロンドンのアートシーンがリアルに綴られています。

そして、写真家として成功してからのエピソードの
数々には、国内外の有名ミュージシャン多数登場。
撮影前のBono(U2)の言葉にも、感動しました。
女王陛下のロンドン
ハービー山口

by G-Tools

posted by sumibooks at 17:24| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月31日

『最低で最高の本屋』松浦弥太郎

就職しないで生きるには・・というコンセプトの新書
シリーズ第1作目。著者は書籍商であり、文筆家。
最近では雑誌の書評や本のコラムでご存知の方も多い
のではと思います。

その松浦氏が、高校をドロップアウトして単身渡米し
古本を道端で売り始めたこと、帰国して移動式書店を
始めたこと、そして自分の書店を開くまでが語るように
書かれています。そのユニークな生き方に驚かされ、
そして自分の道を進むための勇気をもらえる一冊。

アメリカの雑誌・古本事情や、書評の書き方なども
読みやすく書かれていて、本好きにはたまりません。
仕事や自由について考えるきっかけにもなりました。
最低で最高の本屋
松浦 弥太郎

by G-Tools


posted by sumibooks at 16:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

寺山修司名言集『身捨つるほどの・・』

故 寺山修司氏に関する本はとても多いのですが、本書は
パルコ出版から出された比較的新しいもの。寺山氏を
知らない若い世代にも・・という印象を受けます。

詩人という一つのカテゴリーには納まらない多才な著者
の言葉は、シンプルで深くグッと響きます。新書サイズの
この本を私は何度も読み返し、その度に言葉の面白さを
発見しています。旅・言葉・書物などキーワードごとに
構成されているので、気になる場所からどうぞ。
寺山修司名言集―身捨つるほどの祖国はありや
寺山 修司

by G-Tools


posted by sumibooks at 01:17| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。