2005年12月19日

『pen』海外みやげの逸品、教えます。

デザイン・建築・インテリアなどのスタイリッシュな特集が好きで
いつもチェックしている雑誌『pen』。2006年新年合併号は、
特集「旅に出るひと、必読!海外みやげの逸品、教えます。」。

買い物目的に行く旅行でもばければ、おみやげ選びというものは
意外と悩んでしまい難しい。ありきたりの物ではつまらないし、
かといって旅先で探す時間は限られますよね。

         ■     ■     ■
今回の『pen』では、予算の上限を5000円に設定し 旅の達人
10人にお気に入りをリストアップしてもらったり、現地取材で
集めた物も。トータルでおよそ300点の海外みやげが!

登場するのは、ベルリン・パリ・ロンドン・コペンハーゲン・ミラノ
アムステルダム・ニューヨーク・イスタンブール・北京・香港・・・。
逸品と言うと どうせ高くて買えないのでは・・と思っていると、
予想外にチープで楽しい物がいっぱい。スーパーマーケットや
ドラッグストア・デパート・書店・郵便局などで見つかる数百円
くらいのものからというのが嬉しい。

それぞれに、購入価格と購入先、問い合わせ先までちゃんと
載っているので、おみやげを頼むのにも便利かもしれません。
2006年も、楽しいおみやげを求めて旅に出たくなる特集でした。


*** 阪急コミュニケーションズ『pen』オフィシャルサイトで
   目次を読むことができます。
posted by sumibooks at 17:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

至福のスピリチュアルリゾートへ!『CREA 1月号』

旅好きな皆さまは、もうチェック済みでしょうか?
CREA(クレア)最新号は、またまた世界のリゾート特集。
今回は「パワーと幸運を授かる世界の楽園50」と題された
スピリチュアルリゾートを一冊丸ごと。

夕焼けの表紙は、私も滞在したことのあるハワイ島のホテル
の写真でした。今回大きく取りあげられているのは、お馴染み
のハワイ・バリ・沖縄に加えて、アメリカ・アリゾナ州のセドナ
インド、スリランカ。セドナは、ネイティブ・アメリカンの聖地
であり有名なパワースポットとして注目されているところ。

ページを切り取って飾りたくなる風景もいっぱいで、見ている
だけでも心地よい気分に・・。ハワイや沖縄では、最新のスパや
エステが紹介されているので、妄想の旅が始まってしまいそう。
CREAらしい素敵なホテルのレポートだけでなく、今回はセドナの
聖地や沖縄離島のスピリチュアルMAPが載っていたり、著名人
のプライベートで訪れるパワースポットの紹介も。

さらに、別冊付録「癒しのホテル」も見逃せません。このところ
オープン&リニューアルが続いている東京・関西・九州のホテル
と、「温泉スパホテル」を厳選。今月オープンしたばかりの
「マンダリン オリエンタル東京」も気になりますよね。620円の
月刊誌で、これだけ充実しているのはスゴイと思う『CREA』。
映画特集と旅特集は、必ず買ってしまいます。(占いやメイク
特集もスゴイのかも?次号は「ありえないほど犬が好き!」。)
B000CIWYAECREA (クレア) 01月号 [雑誌]
文藝春秋 2005-12-07

by G-Tools

posted by sumibooks at 01:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

祝・月刊化第1号『H』11月号

最近めっきり読まなくなっていたのですが、創刊から11年間を
振り返る永久保存版ということで買ってみました。今月号から
サイズやタイトルはそのままで、隔月から月刊になるそうです。
ポップ・カルチャーの今を伝えつづけてきた『H』。

巻頭特集は、全100ページにわたる『Hのあしあと1994-2005』
クロニクル。vol.1〜76までが、制作秘話と共に各1ページで
ダイジェスト。懐かしい写真もいっぱいで、カタログを眺める
ように「こんな面白い企画もあったなぁ」と90年代の流れを
感じながら楽しめました。創刊から数年の間は、自分がちょうど
大学生だった頃。映画・音楽・写真・美術・文学などで毎日
頭がいっぱいで、サブカル誌を読み漁っていたものです。

特別企画として、吉川ひなのさん・緒川たまきさん・CHARAさん
奈良美智さん、それぞれに想い出のインタビュー。時の流れと
ともに、紙面を飾る常連ゲストもずいぶんと移り変わっています。
この号に合わせて、全国の書店でバックナンバーフェアも開催の
予定。これまで買い逃した特集を探すチャンスですね。もちろん
私も、捨てられない『H』のバックナンバーを今も持っています。

詳しくは ロッキング・オンHのコンテンツへ。


posted by sumibooks at 21:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

映画にまつわる100の噂!『Cut No.188』

最近、映画がらみの仕事が続いているので ちょっと
リサーチのつもりで『Cut』 2005/11月号購入。ハリウッド
の最新ゴシップやら、新作映画にまつわる噂の数々が
ど〜んと紹介されています。気になる作品もいっぱい
でした。噂の信憑性は定かではありませんが、面白い!

『Cut』 といえば、大きくて鮮やかなグラビアページも
見どころ。今号は、ジョニー・デップ&オーランド・ブルーム
のCut特写のほか、日本の若手を代表する俳優さんも揃って
女性ファン向けな感じ?あ、小雪さんも美しいです。
贅沢を言えば、海外の写真家のものも(ブルースウェーバー
だとかニックナイトの作品を使った号もありましたよね。)
入れて欲しいところ。

ビジュアルだけでなく読み応えもたっぷりで、全部読もう
と思ったら結構時間かかりそうです。本誌を買ったのは
久しぶりでしたが、我が家にはもう6〜7年前のバック
ナンバー数十冊が未だ捨てられずにあります。たまに見返すと
面白いビジュアルや貴重なフォトセッションがあるもので・・。
B000BPGJPOCut (カット) 11月号 [雑誌]
ロッキング オン 2005-10-19

by G-Tools



posted by sumibooks at 12:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

旅に持っていく本!全263冊『BRUTUS vol.581』

本日発売のBRUTUS 11/1号。クールな表紙と特集タイトル
を見ただけでこれは買いです!旅に行きたくなる本・旅に
持っていく本の大特集。著名人や旅の達人の選んだ全263冊
を紹介しています。

巻頭には、村上龍さんの旅の話。「49人の旅好きが持っていく
147冊の本」は、カタログのように詳細。ベストセラーや名作
もあれば、レアな本までいろいろ。読書をしているポートレート
も良い雰囲気。特に面白いのは、世界の「目的地別読書案内」。
都市別に通な旅本を紹介しています。バックパッカーのバイブル
『深夜特急』全巻ダイジェストや山田詠美さんのエッセイも。

読んだ本も多いのですが、まだまだ知らない本もあり BRUTUS
片手についつい本を注文してしまいそうです。ちょうど明日から
旅行なので、行きの機内でじっくりチェックします!

** BRUTUS ONLINEホームページ
posted by sumibooks at 19:41| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

椎名誠編集長 『でっかい旅なのだ。』

2001年発行の新潮ムック。買いそびれていたのですが、
古本屋でふと見つけて購入。サブタイトルは、「椎名誠の
旅のすべてがわかる」。まるごと一冊、椎名さんの旅特集
というなんとも贅沢なムックなのです!

巻頭のスペシャル対談は、池澤夏樹×椎名誠。お二人が
はじめて海外に行った頃の話、日本の島について、小説に
ついてなど。旅好きにはたまらない、素晴らしい対談です。
他にも、嵐山光三郎さんや宇宙飛行士・毛利衛さんとの
対談。さらに特別鼎談も、交友関係の広さを物語る面々が。

読書家でもある 椎名さんの選んだ「旅の101冊」という企画
や、2泊3日のカバンの中身公開など盛りだくさん。椎名
さんが キャンプ料理を実践して見せるページまであるのです。
今では手に入りにくくなっていますが、椎名ファン、そして
島旅好きには必見です。
4107900924でっかい旅なのだ。
椎名 誠
新潮社 2001-11

by G-Tools

posted by sumibooks at 20:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

ブルース・ウェーバー特集『BRUTUS vol.576』

いつもより紙質が良く、ムックかと思ってしまうような分厚い
BRUTUS最新号(8/15号)。期待以上に濃い内容の 写真家
BRUCE WEBER大特集。写真好きなら、間違いなく保存版!

9月に公開される映画と写真展に合わせて、写真家本人の
「犬との生活」に注目しながら、これまでの活動全てをまとめて
います。本人の作品やインタビューはもちろん、4つの別荘や
ロフト、お気に入りのお店紹介まで。友人たちのインタビューも
豪華な顔ぶれ。コラージュのページもたっぷり。

ハリウッドスターのポートレートや、ファッション広告で見る
ブルースのモノクロの作品は、もともと私も好きでしたが
この特集を隅々まで読んで、その撮影スタイルや人柄を知り
ますますファンになりました。マッチョな男性ヌードはちょっと・・
という方でも、今号は「犬の写真」満載なので楽しめるはず。

本人登場の表紙や、写真集を意識した文字デザイン・レイアウト
もこだわりあり(ある意味BRUTUSに見えない・・)。秋の来日と
写真展が待ちきれません。まずは、映画の前売券を買います!

** BRUTUS ONLINE 目次のリンク

3832790985Blood Sweat And Tears: Or How I Stopped Worrying And Learned to Love Fashion
Bruce Weber
Te Neues Pub Group 2005-10-15

by G-Tools

** 待望の新刊は、ファッション写真の集大成だそう。気になります。




posted by sumibooks at 00:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

噂の旅2005『BRUTUS vol.575』

雑誌『BRUTUS』の旅特集は、女性誌のそれと違ってあまり
実用的ではないけれど、その分「夢」があって楽しい。
本日発売の8/1号は、旅好きが話題にする噂の真相を求めて
アイスランド・スリランカ・レバノン・マカオ・シアトル
で現地取材。表紙のプールは、レバノンのリゾート!

アイスランドは私も気になっているところで、レイキャビク
のシティーガイドまで出ているのは嬉しく、インタビューも
BRUTUSらしいセレクト。シアトルのコーヒー特集も、じっくり
じっくり読んでしまいました(赤坂のZOKAに行かなくては!)。

そして、サーフィン&旅映画『Sprout』の写真の空気感に
見とれながら、付録のCD(5曲)を聴くことができます。
ジャック・ジョンソンも参加している夏の夜の音。映画の
サントラも収録されています。すごいなぁBRUTUS!

憧れの旅本『BON VOYAGE』(スーツケース入り)も、たっぷり
と紹介されていて高価で買えそうにないので 嬉しい限り。
次号は、写真家「ブルース・ウェーバーのライフスタイル」。
毎号の予告チェックも欠かせませんね。

**BRUTUSの公式ホームページ
BRUTUS ONLINE

**こちらも発売中。Casa Brutus 8月号
B0009WL120Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 08月号 [雑誌]

by G-Tools

posted by sumibooks at 22:16| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

シチリア特集『FIGARO japon 7/20号』

どんよりとした梅雨空が毎日続くと、青空と太陽を
求めて旅に出たくなりませんか?そんな気分に合わせ
るように、本日発売の雑誌『FIGARO japon』は旅特集
「愛の島、シチリアへ。」

南イタリア・シチリアの小さな海辺のリゾートや
小島を、フィガロならではの視点で取材。色鮮やかな
各地の写真だけでなく、美味しいレストラン・素敵な
ホテル・気になるお店など役立つ情報も。地図やお店の
営業時間まで載っているので、フィガロの旅特集は
私もよく切り取って旅先に持って行きます。ホテルや
レストランは、高級な所が多いのですが、よく読むと
リーズナブルで素敵な場所もあります。

一年前にシチリアを訪れましたが、本誌を読んで
まだまだ行ってみたい場所がいっぱいに。絶品パスタや
お土産を集めたページも楽しく、シチリアの魅力満載。
またいつか訪れることができるよう、保存版にします!

FIGARO japon出版社のリンク

** 昨年のシチリア旅行記は、もう一つのブログ
旅の記憶-travelogue-へどうぞ。
posted by sumibooks at 21:20| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(2) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

アジアの古都リゾートへ『Esquire 8月号』

今週はバタバタしていて、ゆっくり読書ができていないの
ですが、新刊や雑誌は欠かさずチェックしています。
その中で、予告を見ただけで気になっていたのがエスクァイア。

本日発売なので、まだ読んではいないのですが 目次や表紙を
見る限りでも 旅心が高まってしまう一冊。アジア各国の古都
(日本で言う京都のようなところ)に、この夏にいかが?という
企画のようです。エスクァイアでは、日本人がまだあまり
行かないような場所をよく取り上げますよね。(クロアチア
やエーゲ海特集も印象的でした。)

今月号では、タイのチェンマイをはじめ ベトナムのホイアン、
ラオス、ミャンマー、カンボジアの古都を。リゾートへという
タイトルの通り 最新のヴィラやホテル情報も楽しみです。
まだ旅行の予定は立てていないけれど、ひとあし早い夏の旅を
『Esquire』で・・・。
B0009WSSM6Esquire (エスクァイア) 日本版 08月号 [雑誌]
エスクアイア マガジン ジャパン 2005-06-24

by G-Tools


posted by sumibooks at 00:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

今月の雑誌から「陸マイラー」特集

飛行機に乗らずにマイレージを貯めて、航空券をもらう
という「陸マイラー」が最近増えているそうですね。そんな
私も、日常生活でちびちびとマイルを貯めているひとり。

今発売中の『DIME no.13』で、「陸マイラー」特集が出ていた
ので買ってみました。JALとANAどんなカードが得か?に始まり
海外エアラインのマイレージカード紹介、マイル達人の技
マイルを無料で稼げるサイトの紹介などなど。「一年後に
ハワイ往復チケットをゲットする365日スケジュール」なんて
ものまでありました。結構研究されていると思います。

もう一冊今月の雑誌から、『CREA』最新号は「秘密のハワイ」。
梅雨時には、真夏の太陽が恋しくなりハワイに行きたいと
つい思ってしまいます。リピーターがお薦めする最新のハワイ
情報満載で、写真を見ているだけでワクワクしてしまいます。
いつかまたマイレージでハワイに行けたらなぁと・・・。
B0009RT4HYCREA (クレア) 07月号 [雑誌]
文藝春秋 2005-06-07

by G-Tools

posted by sumibooks at 11:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

特集 二枚目2005!『Cut 5月号』

ビジュアル&インタビューマガジンの『Cut』 今月号は
世界の二枚目を集めた「二枚目2005!」特集。表紙の
オーランド・ブルームのほか、ジョニー・デップから
ガエル・ガルシア・ベルナルまで、目の保養になります!
いえいえ ちゃんとインタビューも読みますよ・・。

最近、試写会によく当たるのですが、明日はオーランド・
ブルーム主演の『キングダム・オブ・ヘブン』の試写に
行ってきます。と言う訳で、『Cut』をめくっているのでした。
Cut (カット) 05月号 [雑誌]
ロッキング オン 2005-04-19

by G-Tools

posted by sumibooks at 14:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

憧れ!『タヒチ・上海・マウイ・メキシコ次に行くパラダイス』

女性誌エフのトラベルシリーズ最新刊。GWを目前に、雑誌の
旅行特集も沢山見かけるようになりました。ため息の出る
ような素敵な風景や贅沢なホテル情報がぎっしり。

なぜこの4か所が?という今回の特集。夏に行きたくなる所
でしょうか。私にとっては、マウイとメキシコが、まさに
いつか行きたいところ。タヒチにもまた行きたいけれど・・。
今年のGWに海外に出かける人は、去年より多いみたいですね。
私は国内派になりそうで、雑誌の旅でガマンです。
タヒチ、上海、マウイ、メキシコ次に行くパラダイス
主婦の友社
主婦の友社 2005-04


by G-Tools


posted by sumibooks at 21:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

月をめぐる冒険『NEUTRAL no.3』

待望の『ニュートラル』第3号は、まるごと月の大特集。
Travel for lifeという雑誌なので、今回も世界中の月に
まつわる写真やエピソードがいっぱい。「月の基礎知識」
に始まり「月の世界観」「月のある風景」など 永久保存版!

写真家 広川泰士さん撮影のチリ・ボリビアの自然のほか、
インドの青空・ペルシャの夜空など まるで写真集を眺めて
いるかのような贅沢さでした。紙質も良い感じ。

著名人による旅のコラムや連載も、またまた面白く読み応え
も十分。最近、「旅」の雑誌がいろいろと元気な気がします。
ニュートラル(3) NEUTRAL
ニュートラル編集部
白夜書房 2005-03-26


by G-Tools

posted by sumibooks at 20:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

空の旅好き必読『GQ JAPAN 05月号』

坂本教授の表紙が気になって読んでみた今月のGQ。
メインの特集は「それでも私が転職しない理由」ですが
旅好きには気になる世界のエアライン「ビジネスクラス
全比較」という特集も!

実際に乗って確かめた4社徹底比較や、著名人に聞く
マイベストエアなど読み応え十分。ビジネスクラスなら
ではのシート設計・アメニティキット・機内食の比較
など空の旅好きにはたまりません。夢の個室ファースト
クラスの写真には、もうびっくり。

と言っても私は、今までに一度しかビジネスに乗ったことが
なくエコノミー専門なのですが・・・。毎月のように仕事で
Cクラスを利用している父親を、ちょっと羨ましく思って
しまいました。(お仕事の皆様、長旅お疲れさまです!)
GQ JAPAN 05月号 [雑誌]

by G-Tools


posted by sumibooks at 00:22| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(2) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

やっぱり文具が好き!『デザインステーショナリー』

子どもの頃から、文房具が好きでした。春になると
新しく文房具を揃えるのが楽しみで、授業のノートも
春だけは丁寧に書いていた記憶が・・。

そんな文房具好き必見のムックが出ています。世界の
文房具カタログ600 や、国内メーカーのロングセラー
商品研究・さらにはホテルの客室レターセット特集まで。

お買い物気分でジャンル別のカタログを眺めるのも良し。
文房具のデザインや歴史を学ぶのも良し。すっきりとした
レイアウトで、保存版にしたい一冊です。
デザインステーショナリー―やっぱり文具が好き!
〓出版社 2004-07

by G-Tools

 

posted by sumibooks at 22:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

編集者のための書店研究『編集会議04号』

本が売れるヒントは、書店にある!という今月号の
『編集会議』。編集者でなくても、書店好きには気に
なる特集。私は編集者でもライターでもありませんが、
こうした専門誌もよくチェックしています。

書店員へのインタビューや、書店の販促レポートなど
自分の通う書店も何店か掲載されていました。後半の
「書店の秘密」では、本が書店に並ぶまでの流通について
や、店長の一日という取材まで。書店員さんにも、参考に
なるのでは・・。

今月号、もう一つの特集は「自分を売り込むブログ活用術」。
ブロガーにはこちらも気になるところ。ネット書店やブログ
からの出版など、時代はどんどん変わっているのですね。
ブログを書くことは、自分で書いて編集すること。これからも
『編集会議』に注目したいと思います。
編集会議 04月号 [雑誌]

by G-Tools



posted by sumibooks at 21:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

写真集中毒のススメ『STUDIO VOICE vol.352』

表紙の写真と特集タイトルを見ただけで、迷わず購入!
してしまった今月号。STUDIO VOICEは、2年に1度くらい
写真集特集をするので、そのたびに集めています。もう
バックナンバーがずいぶん溜まってきました。

今回は、世界各都市の写真集マスターを訪ねたり、ロンドン・
ニューヨーク・パリなどのブックショップ案内も。写真集を
買うために、旅立ちたくなってしまいます。VOGUEなどの雑誌
で知られる写真家 Paolo Roversiは、私の好きな写真家の
一人で、2000冊の蔵書に関するインタビューもあり、感激。
写真集中毒と言えるほど、コレクションしてみたいものですね・・
STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 04月号 [雑誌]
インファス・パブリケーション 2005-03-05

by G-Tools


posted by sumibooks at 23:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

コーヒー&シガレッツ『BRUTUS vol.566』

「ちょっと一服、コーヒー&シガレッツ特集」というBRUTUS
最新号。表紙のロゴが、目を引いています。タイトルを見た
時に、すぐジム・ジャームッシュ監督の映画がらみだなと
ピンときました。

4月に公開される映画「COFFEE AND CIGARETTES」特集の
ほか、前半がコーヒー、後半がタバコについてのあれこれ。
私は非喫煙者なので、コーヒーの記事が面白く、すぐにでも
コーヒーショップに行きたくなってしまいました。

有名人に聞く「あなたの好きなコーヒーは?」や、ソムリエが
答える「いちばん美味しいテイクアウトコーヒー」といった
読み応え十分の内容です。映画とタバコ、音楽とタバコなど
カルチャーガイドも満載。どうぞお見逃しなく!

BRUTUSホームページ
posted by sumibooks at 14:47| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(2) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

インド特集『Casa BRUTUS』2005/03

今月号のテーマは「そろそろインドに呼ばれてみませんか?」
はい、呼ばれてみたいですね!大好きな『Casa BRUTUS』で
新しいインドを取り上げるとは、先月号の予告を見た時から
楽しみにしていました。表紙もインパクトありです。

ここ数年、世界中のファッション・家具・グラフィックなどの
デザイナーたちがインドに通うほど、いまインドがすごい勢い
で変わっているというウワサ。アマンもオープンした「特選
ホテル20軒」やコンラン卿と「モダンデザインを探す旅」など
読み応えあり。インド雑貨もお洒落!これは保存版ですね。
Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 03月号 [雑誌]
マガジンハウス 2005-02-10

by G-Tools

posted by sumibooks at 20:51| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

旅の雑誌『NEUTRAL』創刊。

もう2号が発売されているのですが、創刊号を
買いそびれていたので、最近購入しました。

創刊号の特集は「美しきイスラムという場所」。
ガイド的な旅行雑誌とは異なり、全く新しい雰囲気。
取材の写真が素晴らしく、現地の生活にグッと
踏み込んだリアルな旅の空気を感じさせます。

イスラムって?という初心者にも 分かりやすく
作られていて、読み応えも十分ありました。
紙質も良く永久保存版にしたい雑誌です。
ニュートラル(1) NEUTRAL
白夜書房 2004-06-03

by G-Tools


posted by sumibooks at 20:19| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑誌・ムック 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。