2011年05月30日

「BRUTUS vol.709」は本屋好き。

いつも個性的な特集が楽しみな雑誌『BRUTUS』。
発売中の2011年6/15号は、特集「スタイルのある
全国の本屋200店」。ネット書店が便利な時代でも
「わざわざ本屋に行って、本を見たり、触ったり、
買ったり、僕らは本屋好き」という切り口。

学生時代、書店でアルバイトをしていたくらいの
本屋好きとしては かなり満足な一冊でした。
おすすめの本特集の時より、本屋特集の方がすぐに
役立つと言っても良いくらいに・・。

巻頭は、全国の個性的な書店(古書店を含む)の取材
と、京都「恵文社一乗寺店」鳥取「定有堂書店」など
老舗の店長インタビューは読み応えあり。何かと話題の
ブックディレクターたちの仕事は、斬新で楽しい。

BRUTUSならではの、ビジュアルを使って「美しすぎる
本屋」と題しポルトガルやブエノスアイレスの 羨ましく
なる書店も掲載。本屋に行くために旅に出たくなります。

実用的なのは、綴じ込み付録の「この100ジャンルに強い
100書店。」。建築の本を探すなら、三島由紀夫の本を
探すなら、といった風に100の専門書店を案内。すでに
有名な店もあれば、知らなかった店もあり、東京以外も
全国の本屋が載っているので ガイドとして保存版。

さっそく気になる書店を見つけたので、今日これから
行ってみます。本屋好きの皆さま、お見逃し無く。

B004XIWCS8BRUTUS (ブルータス) 2011年 6/1号 [雑誌]
マガジンハウス 2011-05-16

by G-Tools

posted by sumibooks at 13:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。