2010年08月07日

『雑貨コレクターの旅スタイル』森井ユカ

2009年に河出書房新社から出ていた 森井ユカさんの本。
日頃から 人の旅のスタイルには興味があるので、図書館で
見つけて隅々まで熟読。内容もビジュアルも楽しい本でした。

著者は、『スーパーマーケットマニア』シリーズで知られる
雑貨コレクターであり、本業は立体造形作家だそう。本書は
これまで22カ国約700日を旅した著者が、旅の準備の仕方や
旅先での過ごし方 旅の思い出などを項目別に収録。

数々の旅をしている著者だからこそ、ホテル選びや荷造りの
こだわりがあり 共感したり感心しながら 沢山の写真を
見ていると、こちらも旅したい気持ちが高まります。

特に面白いと思ったのは、旅先で書いているノートを公開した
ページや、必ず持って行く文房具等の道具の紹介。また、
中国・スペイン・北朝鮮・香港の旅のコラムは、とても興味
深い内容でした。著者の旅の歴史が、軽快に語られています。
ヨーロッパ・アジア・アメリカなど、旅先が偏っていないのも
良いですし、トイカメラのコレクションまであり。

旅の写真も沢山載っていて、美味しいモノや街角の風景など
旅好きなら引き込まれてしまうページが、きっとあるはず。
ガイドブックのような実用性は低くても、様々なアイディアや
見ているだけでも楽しいページに わくわくする一冊。

4309271154雑貨コレクターの旅スタイル
森井 ユカ
河出書房新社 2009-06-19

by G-Tools



おまけに、もう一冊。
解剖学者の養老孟司さんの 語り下ろしエッセイ。

前半部分は、「旅する脳」についての16の小さな話で
旅している時の思考の変化や 著者の旅についての
エピソードが語られています。語り下ろしなので
難しい話ではなく、すっと読めて かなり面白い!
「人はなぜ旅に出るのか」「日本人はなぜ記念写真好き?」
など思わず なるほど!と納得する言葉が詰まっています。

旅以外のパートも、生きるヒントになるような楽しい
お話ばかりだったので 夏の読書にいかがでしょうか。

4093878390養老孟司の旅する脳
養老 孟司
小学館 2009-03-26

by G-Tools

posted by sumibooks at 14:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の本 -世界- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。