2010年04月11日

『松浦弥太郎の仕事術』に学ぶ。

ここ数年、春になると副業が忙しくなるので 自然と仕事に
ついて考えることも多くなり 気になったのがこの本。
『暮らしの手帖』編集長であり、書店経営者、文筆業でも活躍
されている 松浦弥太郎さんの仕事術。春の新刊。

私は自由業なので、会社に勤めているわけではないのに 実は
「ビジネス書」を読むのが大好きで、毎月様々な仕事術に目を
通しては、世の中の仕組みや賢人の考え方を学んでいます。
それらは、お金を稼ぐことや出世を第一に考えるのは当然。


ところがこの本は、いわゆるビジネス書とは一線を画していて
「時間効率を考えろ」「ITを使いこなせ」というHOW TO本
ではありません。著者が日々働く時に大切にしていること、
そして、多くの人との出会いの中で発見したことを そっと
読者に教えてくれるような本です。
まるで、著者の温かく優しいエッセイを読むように・・。

たとえば、小見出しを見ると 「いい仕事をするために遊ぶ」
「毎日自分をアップデートする」「パソコンより頭と手を
使う」といった内容。人として、とても大切なのに
現代社会では忘れがちなことを 思い出させてくれる
背筋の伸びる言葉が いくつも詰まっていました。
周りの人との関わり方も、また勉強になります。
写真家・鈴木理策氏 撮影による仕事場の風景も収録。


私のようなフリーランスにも、会社に勤める人にも きっと
共感できる言葉があるはず。自分の仕事について 前向きに
考えたいという人におすすめします。
時々読み返し、心の整理をしたい時の一冊。
402330493X松浦弥太郎の仕事術
朝日新聞出版 2010-03-05

by G-Tools

posted by sumibooks at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思想・哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。