2009年02月05日

『書斎の達人』に学ぶ

2009年が始まり、いつのまにか2月になりましたが
本年も「旅する本棚。」をよろしくお願いいたします。

さて、本が好きな人にとって 書斎を持つということは
ひとつの夢であると思います。雑誌『男の隠れ家』で連載
されていた 著名人の書斎訪問の記事がまとまった一冊を
今日はご紹介します。

『書斎の達人』と題し、24人のインタビューと取材写真を
掲載。その24人は、職種も年齢も様々で面白い人選でした。
クリエイティブディレクターの佐藤可士和さん、ソムリエの
田崎真也さん、演出家の蜷川幸雄さんに始まり、樋口裕一さん
や東海林さだおさん、みうらじゅんさん等。

お一人あたり、4-6ページ使って 長いインタビューを行って
いるのですが その内容がまた興味深いものでした。
書斎のこだわりについて語っている方もいれば、発展して
仕事に対するこだわり、そして人生論にまで及ぶことも多く
なるほどと感心することも。

個人的に面白かったのは、俳優・三國連太郎さんの映画論、
小説家・島田雅彦さんの書斎論、絵本作家・五味太郎さんの
仕事の仕方など。書斎の本というより、インタビュー集として
も読み応えのある一冊だと思います。男性ばかりなのが
残念ですが、それは男性向けの雑誌の連載だからでしょう。

4309018483書斎の達人
宇田川 悟
河出書房新社 2008-01

by G-Tools


では、自分の書斎をどうしようかという方に もう一冊。
リンボウ先生こと林望さんの書斎論。書斎の概念から
書斎に必要な条件、道具など細かに軽やかに語っています。
日当りと照明のお話や、デスクの置く場所など 著者の
体験から得た知恵の数々。私も自室の参考にしています。

4334782043リンボウ先生の書斎のある暮らし―知のための空間・時間・道具 (知恵の森文庫)
林 望
光文社 2003-02

by G-Tools

posted by sumibooks at 19:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。